F1レース結果の2009年05月のF1情報を一覧表示します。

F1モナコGP決勝 (ドライバーコメント)

2009年5月25日
F1 モナコGP 決勝
FORMULA 1 GRAND PRIX DE MONACO 2009

F1モナコGP:ジェンソン・バトンが今季5勝目

2009年5月24日
F1 モナコGP 結果
2009年F1第6戦 モナコGPの決勝レースが24日(日)、モンテカルロ市街地コースで行われた。

優勝はポール・ポジションからスタートしたブラウンGPのジェンソン・バトン。前戦に続く優勝で今シーズン5勝目をあげた。

2位にもブラウンGPが入り、ブラウンGPは今季3度目のワン・ツー・フィニッシュを飾った。

F1モナコGP予選 (ドライバーコメント)

2009年5月24日
F1 モナコGP 予選
FORMULA 1 GRAND PRIX DE MONACO 2009

F1モナコGP:予選後の全F1マシンの燃料搭載量

2009年5月24日
F1 モナコGP 燃料搭載量
F1モナコGP予選後の全マシンの重量が発表された。

モナコはオーバーテイクがほぼ不可能なコースであり、予選グリッドがレースを決めるといっても過言ではない。また、1周でつくタイム差が大きなサーキットでもあり、ピットストップ時のタイムロスも少ないため、スタートでトップに立つことができれば、多少第1スティントが短くても後方集団につっかえることなく比較的クリアなラップを得ることができる。

F1モナコGP 予選:ジェンソン・バトンがポールポジション

2009年5月23日
F1 モナコGP 予選 結果
2009年F1第6戦 モナコGPの予選が23日(土)、モンテカルロ市街地コースで行われた。

道幅が狭く、オーバーテイクが困難なモンテカルロでは、予選グリッドポジションが最も重要となる。

モナコGPのポールポジションを獲得したのは、ブラウンGPのジェンソン・バトン。前戦に続き、今シーズン4度目となるポールポジションを獲得した。

F1モナコGP フリー走行3回目:フェルナンド・アロンソがトップタイム

2009年5月23日
F1 モナコGP フリー走行3回目
2009年F1第6戦 モナコGPのフリー走行3回目が23日(土)、モンテカルロ市街地コースで行われた。

通常とは異なり、金曜日が休みとなるモナコGP。そのため路面の出来上がりに合わせたセッティング、そして、狭いストリートでのトラフィックがこのセッションのタイムには大きく影響する。

トップタイムは、ルノーのフェルナンド・アロンソの1分15秒164。2番手にはジェンソン・バトン(ブラウンGP)、3番手にはヘイキ・コバライネン(マクラーレン)が続いた。

F1モナコGP フリー走行2回目:ニコ・ロズベルグがトップタイム

2009年5月21日
F1 モナコGP
2009年F1第6戦 モナコGPのフリー走行2回目が21日(木)、モンテカルロ市街地コースで行われた。

フリー走行2回目のトップタイムを記録したのは、ウィリアムズのニコ・ロズベルグ。路面も改善され、午前中よりも約2秒速い、1分15秒243を記録した。

2番手タイムは、マクラーレンのルイス・ハミルトン。マクラーレンはヘイキ・コバライネンも7番手タイムを記録するなど、モナコとの相性の良さを感じされる走りをみせた。

F1モナコGP フリー走行1回目:ルーベンス・バリチェロがトップタイム

2009年5月21日
F1 モナコGP
2009年F1第6戦 モナコGPのフリー走行1回目が21日(木)、モンテカルロ市街地コースで行われた。

F1全体が撤退騒動に揺れるなか、伝統のF1モナコGPがスタートした。レギュレーションは大幅に変更になったが、カレンダーの中で最も低速なモンテカルロのコースにあわせ、各チーム、最大限のダウンフォースを得るべく空力パッケージを投入している。

F1スペインGP決勝 (ドライバーコメント)

2009年5月11日
F1 スペインGP 決勝 レース後のドライバーコメント
FORMULA 1 GRAN PREMIO DE ESPANA TELEFONICA 2009
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム