ルノーCEO 「F1での44年の歴史を葬り去る男になりたくなかった」
2021年のF1世界選手権で、ルノーという名前はコンストラクターズとしてF1から姿を消し、新たにアルピーヌF1チームが登場した。だが、実際にはルノーとしてF1から完全に撤退することが検討されていた。しかし、ルノーのCEOに就任したルカ・デメオはそれを終わらせたくはなかったと語る。

2020年はF1におけるルノーの最後のシーズンになっていた可能性があった。

ルカ・デメオがCEOに就任したとき、ルノーはすでに高価なスポーツから撤退する計画を発っていた。財政的にルノーは苦労しており、アルピーヌというブランドさえ消滅の危機にあった。しかし、ルカ・デメオはそれを望んでいなかった。

「私は44年のF1の歴史を葬り去る男になりたくなかった」とルカ・デメオは Auto Motor und Sport に明かした。

その計画の背景に優れたビジネスモデルがあることを確認せねばならず、それは簡単な決定ではなかった。

アルピーヌは何年もの間、ルノーのあまり知られていないスポーツブランドだ。車好きには、アルピーヌがラリーでアルピーヌA110を走らせていたことからその名前を知っているかもしれない。実際、アルピーヌはWECにも参加している

ルカ・デメオは、F1を通じてアルピーヌというブランドの認知を新しいファンの間で高めたいと考えている。

「私はアルピーヌをミニ・フェラーリミニ・テスラの組み合わせとして見ている」ルカ・デメオは語った。

そのため、F1チームの名前はルノーからアルピーヌへと変更された。

「ルノーは120年にわたって世界的に確立されたブランドだ。それを宣伝する必要はない。しかし、アルピーヌはイメージを磨くことができる。それは我々の革新的な芸術活動を行う集団だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / アルピーヌ