ルノーF1 「新しいパワーユニット規則の導入を2026年より前倒しすべき」
ルノーF1のチーム代表を務めるシリル・アビテブールは、ホンダのF1撤退を受け、F1はパワーユニット規制を計画よりも早く変更するべきだと考えている。

現在のパワーユニット規則は2025年末まで有効であり、その後F1テクノロジーがどの方向に進むべきかについてはすでに議論が進んでいる。

F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、新しい規制が施行されるまでは、新しいメーカーがF1に参入する可能性は低いことを公に認めている。

シリル・アビテブールは、ホンダのF1撤退は、現在のパワーユニット規則が本来あるべきほど成功していないことを示しており、他のメーカーの参入を促すために、変更を2026年から前倒しするべきだと考えている。

ホンダは先週、2021年シーズン限りでF1から撤退し、レッドブルとアルファタウリは新しいパートナーを探す必要に迫られている。

「我々はホンダの状況に満足していないことをはっきりさせておきたい」とシリル・アビテブールは語った。

「我々は前に踏み出す必要がある。F1にとってポジティブな展開ではない。我々は自動車メーカー、OEM、エンジンサプライヤーとのF1を望んでおり、3つのエンジンメーカーに絞ることはポジティブな展開ではない」

「我々はこの状況からいくつかの明確な結論を引き出す必要がある。そして、それは私が統治体にもっと注意深く見るように促してきたことだ」

「エンジンの状況は単に持続不可能だ。特に経済的な観点からだけでなく、技術的な観点からもね」

「我々はこの認識に余裕があるとは思わない」

「現在のエンジンアーキテクチャに対するこの認識を変えるか、あるいは新しいアーキテクチャの採用を迅速に追及して、認識の観点から再びより良い場所にたどり着く必要があるかもしれない」

「この状況が、次世代のパワートレインのスケジューリングについて、より本気の考えを引き起こすことを期待している」

シリル・アビテブールは、現在のルールで競争力のあるパッケージを開発するために必要なリソースを考えると、F1は新しいメーカーにとって魅力的ではないと認める。特に、既存メーカーは6シーズン以上のレース用にユニットを開発している。

また、シリル・アビテブールは、持続可能性とカーボンニュートラルを追求する計画に焦点を当てるというホンダのF1撤退の理由は、F1によく反映されておらず、F1は全体としてその効率性の証明を効果的に促進していないと語る。

「それは、これらのエンジン規制の適切なメッセージと適切なマーケティングをまとめることができなかったという証拠であり、ショッキングなことだ。自動車のパワートレインと言う点でこれほど進んだものはない。軽自動車でさえ、この効率レベルにさえ近づくものはないので、それは注目に値する」

「しかし、世界に説明し、これが何であるかを世界に理解させることにこれほどひどく失敗したこと、そして、より主流の技術に影響を与える可能性のあるものも同じように注目に値する」

「これはマーケティングの基本に過ぎない。単にそれを行って不満を言うのではなく、自分たちが何をしているのかを世界に知ってもらう必要がある」

「ドライバーがエンジンについて話すことがあるが、それは不平を言うためだ。エンジンの素晴らしさについて話す機会がほとんどないのは非常に残念だ」

「技術がチームとマシンの競争力に有害であるとみなされるだけなら、エンジンにそのレベルの技術が必要かどうかを自問する必要があるかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー