ルノーF1、水曜日に2021年のF1ドライバーラインナップを発表との報道
ルノーF1は、2021年のエステバン・オコンのチームメイトを水曜日に発表すると報じられている。いくつかの情報筋はチームメンバーはそれが誰であるかを知らされていると報じられている。

Movister+ のジャーナリストを務めるノエミ・デ・ミゲルは「ルノーは、水曜日に2021年に誰がオコンのチームメイトとして加入するかを発表すると噂されている」とTwitterに投稿。

「シリル・アビテブール(チーム代表)は15年来のベテランメカニックにそれがすでに一緒に働いたことがある人物だと伝えたと言われている」と

彼女だけでなく、スペインやフランスのモータージャーナリストもルノーF1は水曜日にプレス発表会を開催すると報じている。

“すでに働いたことのあるドライバー”という点で、フェルナンド・アロンソとニコ・ヒュルケンベルグが最大の候補者のようだ。

フェルナンド・アロンソは、2003年から2006年、そして、2009年から2009年までルノーF1に所属し、最初のスティントでタイトルを2連覇している。ニコ・ヒュルケンベルグは2017年から2019年まで所属していた。

さらに深堀すれば、2012年と2013年にはキミ・ライコネンが当時ロータスを名乗っていたチームで走っていた。同じことはロマン・グロージャンにも当てはまる。ジョリオン・パーマー、パストール・マルドナドといった過去に所属したドライバーもいるが、真剣な候補者とは見なされていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー