ルノーF1チーム ジャン・フランソワ・コベ 撤退を否定
ルノーF1チームのマネージングディレクターを務めるジャン・フランソワ・コベは、チームはすでに2010年の活動予算を承認されており、来年もF1でレースをすると主張する。

トヨタのF1撤退発表のあと、パリでルノーは取締役会を開催。ルノーがF1を撤退するとの報道が飛び交った。

しかし、ジャン・フランソワ・コベは「我々はすでにドライバーと契約しており、予算も承認され、世界選手権に登録されている。2010年シーズンはすでに始まっている」とフランスのレキップ紙にコメント。

またジャン・フランソワ・コベは、ルノーのカルロス・ゴーンCEOも2010年シーズンにルノーが“良いレベルに戻る”との予想をしていると語る。

「我々は2010年にワールドチャンピオンになれないかもしれないが、大きく改善する見込みはある」とジャン・フランソワ・コベは付け加えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー