ルノー、eSportsドライバーをF1シミュレーターでのテストに起用
F1チームは、“eスポーツ”とその現実世界とのクロスオーバーを模索し始めている。

かつてビデオゲームは単なる娯楽のための世界だったが、技術の進歩により“eスポーツ”として認識されており、F1も公式に『Formula 1 Esports Series』を立ち上げている。

ルノーの公式eSportsドライバーであり、実際にシングルシーターレーサーでもあるヤルノ・オプメールは「この2つには多くの類似点がある」と Ouest Franceに 語った。

同紙によると、ルノーは、実際のF1とゲームの世界のクロスオーバーによる利点を認めた最初のF1チームの1つであると述べた。

「ビデオゲームのデータを収集することは有効だ。サーキットはリアルのF1に一致している」とルノーのITレースマネージャーであるベン・ハンプシャーは述べた。

ヤルノ・オプメールは、まもなくエンストンでルノーの本物のF1シミュレーターでテストを実施する。

ルノーのパートナーシップ責任者であるアントワーヌ・マグナンは「我々は実際のクルマの開発のために彼から多くの情報とフィードバックを得ることができると考えている」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー