F1 ルノーF1 マクラーレン
ルノーF1は、2020年以降もマクラーレンにカスタマーエンジンを供給することをまだコミットしていない。

マクラーレンは2021年にメルセデスにF1エンジンを変更し、ウィリアムズがルノーの契約を継承するとの噂が浮上しているが、現時点ではマクラーレンもウィリアムズもその噂を否定している。

ウィリアムズの副チーム代表クレア・ウィリアムズは「ルノーと話をしたことはない」と述べ、マクラーレンの広報担当も「ルノーに満足している」と語っている。

しかし、ルノーのレスポンスは異なっている。マネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、2020年のF1継続にもコミットしていない。

ルノーは、2021年のF1レギュレーションをめぐる交渉に関してリバティ・メディアがメルセデス、フェラーリ、レッドブルの3強チームに行った譲歩について快く思っていないとされている。

シリル・アビテブールは「我々のマクラーレンとの契約は2020年までだ」とコメント。

「彼らは良いパートナーだ。たとえ現時点で彼らが我々を倒すことができているとしてもね。だが、我々としてはまだ第一に2020年のF1がどうなるかというのが重要な問題だ」

「その後、どうなるか見ていくつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | マクラーレン