ルノー フラビオ・ブレアトーレとパット・シモンズを解任
ルノーは、ネルソン・ピケJr.に故意のクラッシュを命じたことを認め、マネージングディレクターのフラビオ・ブリアトーレとエンジニアリングディレクターのパット・シモンズがルノーF1チームを離れたことを明らかにした。

昨年のシンガポールGPで、ネルソン・ピケJrに故意にクラッシュを命じたとして、ルノーは9月21日に世界モータースポーツ評議会での審議させることになっている。

ルノーは16日に声明を発表。「2008年シンガポールGPに関するFIAの最近の申し立てに異議を唱えない」と述べた。

「マネージングディレクターのフラヴィオ・ブリアトーレとエンジニアリングディレクターのパット・シモンズがチームを離れたことを述べたい」

ルノーがフラビオ・ブリアトーレとパット・シモンスを解任した行動は考慮されるだろうが、事件を事実と認めたチームに対し、世界モータースポーツ評議会が厳罰を科す可能性がある。

ルノーは、二人の人間の行動によって、チームの700人近いスタッフの雇用に影響を及ぼすべきではないと主張してFIAに恩赦を求めることが予想される。

FIAは、チャンピオンシップからルノーを追放する権力を有しているが、それほどの厳罰を科すことはないとみられている。

ルノー プレスリリース

INGルノーF1チームは、2008年シンガポールGPに関するFIAの最近の申し立てに異議を唱えない。

また、マネージングディレクターのフラヴィオ・ブリアトーレとエンジニアリングディレクターのパット・シモンズがチームを離れたことを述べたい。

チームは2009年9月21日のパリでのFIA世界モータースポーツ評議会の公聴会に出席する前にこれ以上のコメントをすることはない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー