F1 ルノーF1 ウィリアムズ
ルノーF1チームは、ウィリアムズがテストでの厳しい状況を乗り越えるのがいかに難しいプロセスだったかをわかっていると同情を示した。

ウィリアムズは、テスト3日目の早朝にようやく新車FW42がバルセロナに到着。午後までにマシンを完成させて、ジョージ・ラッセルが事実上のシェイクダウンを観客の前で披露した。

F1バルセロナテストでは、ジョージ・ラッセルとロバート・クビサ合わせて60周を走り込んだが、ペース的には他チームから大きく遅れを取っている。

ルノーF1チームもマシン開発が遅れてシェイクダウンを見送る可能性があった。そのため、シャシー担当ディレクターを務めるニック・チェスターはウィリアムズの大変さがわかると語る。

「本当に難しいことだ。複数回クルマの製造を経験していなければ、それがいかに難しいか、いかにぎりぎりで最後パーツが届けられるかは理解できないだろう」

「製造担当者は、本当に素晴らしい仕事をしていているし、1~2週間の間に何千もの部品を追いかけている。すべてパーツはほぼ同時に上がってくるし、本当に忙しい」

「1~2つの問題だけで4~5日は遅れてしまうものだし、大きなチャレンジだ」

2019年のF1世界選手権では新しい空力レギュレーションが導入されたこともあり、F1チームは今年のテストの準備に苦労するおことになった。

さらにテストは2018年よりも1週間早く開始さておりれ、ルノーはすでにそのせいで製造が遅れたことを認めてる。

「おそらくレギュレーションが遅くに定義されたことが少し影響したかもしれない」とニック・チェスターは語る。

「チームは、レギュレーションを最大限に活用するためにかなり遅くまでプッシュしてきた。それによって事実上、製造にすべてのしわ寄せがきた」

「それでもシーズンは進んでいった。その2つの組み合わせによってかなり厳しい冬になった」

ウィリアムズは可能な限り多くの主要な要素に取り組むためにプログラムを凝縮することになる。ニック・チェスターはそれは達成可能であるとしつつも、遅いスタートによる否定的な結果を排除することはできないだろうと語る。

「それをトリミングする方法はある。すべてのテスト項目に優先順位をつけることができるし、『OK、これはちょっとマイナーなことだから省いてしまおう』ということもできる」

「本当に必要な難しいことは、信頼性のためにマイレージを稼ぐことだ。それは昨年の我々にとって大いに助けになったし、少しでも学び、ドライバーがクルマに乗る時間が必要いなる」

「それを凝縮する方法はあるが、それでも失った日々は痛手となる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / ウィリアムズ