F1 ホンダF1 レッドブル・レーシング
ルノーF1のマネージングディレクターを務めるシリル・アブテブールは、トロロッソがホンダにF1パワーユニットを切り替えたことはルノーにとって不吉な兆候だったとし、レッドフル・レーシングとのパートナーシップが解消されることは“予想していた”と語る。

シリル・アビテブールは、レッドブルというメインのカスタマーを失うことは、ルノーにとってポジティブな点とネガティブな点の両方があると Auto Motor und Sport に語った。

「予想していた決定だった」とシリル・アビテブールはコメント。

「最初にトロロッソと離れた後、我々はレッドブルもホンダとの共同プロジェクトを開始することになると予想しなければならなかった」

2019年、ルノーのカスタマーは、現時点でワークスルノーよりも遅いマクラーレンだけになる。

「我々にはまだ3年間マクラーレンがいる」とシリル・アビテブールはコメント。

「ポジティブに見れば、チーム内の全員にとってパートナーシップは明確なシグナルだ。今後、我々自身でやっていく必要があるからね。レッドブルは、優れたシャシーを構築した場合に我々のエンジンでどのようにレースに勝つかを教えてくれた」

「ネガティブなことは、レッドブルは我々にとって素晴らしい目標を設定してくれていたことっだ。レッドブルのプラットフォームは、我々のエンジンを他のメーカーと比較する機会を与えてくれていた」

レッドブル・レーシングは、過去12年間のルノーとのパートナーシップでダブルタイトルを4連覇している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | レッドブル | ホンダF1