ロータス・ルノーGP F1 ヨーロッパGP 予選
ロータス・ルノーGPは、F1ヨーロッパGPの予選で、ニック・ハイドフェルドが9番手、ヴィタリー・ペトロフが11番手だった。

ニック・ハイドフェルド (9番手)
「フリー走行3回目にいくつか小さな変更を試したけど、大きな事件もなく予定ソおりに進められた。予選は望んでいたほどうまくいかなかった。タイヤをセーブするために一周だけする予定だったんだ」

「残念ながらアタックラップでトラフィックに捕まってしまい、少し遅れてしまったし、タイムを出すために望んでいたより多くのラップをしなければならなかった。Q2は問題なかったけど、通過するためには改善する必要があるとわかっていたので、新品のオプションでもう一周した。それがうまくいって、9番手でトップ10に食い込むことができた。Q3で出て行ったとき、スーティルがラップタイムを出そうとしていなかったので、かなり適切に戻った。前のマシンがタイムを掲示していたし、かなり速かったからね。もちろん、マシンに乗っていて呼び戻されるときは、留まって試したいものだけどね! でも、タイヤを温存できたので正しい決断だった。P9とP11よりも高い位置を目標にしていたけど、現実的に今日のペースではそれが僕たちの位置なので、今は明日力強いレースができることを楽しみにしている」

ヴィタリー・ペトロフ (11番手)
「P10とのギャップはとても間近だったけど、それがレースだ。他のマシンの方が速いときもあるし、明日は明日の風が吹く。特定の問題はなかったし、ただスピードが十分ではなかった。明日のレースでは全力を尽くすつもりだ。レースは長いし、このような暑さの中でのレースは簡単ではない。データを分析し、新品タイヤをもっとうまく機能させらせることを願っている。多くのオーバーテイクがあると確信しているし、誰がもっともリアタイヤを労われるかに大きくかかっていると思う。思ったほどここのデグラデーションは酷くないし、バルセロナのようなレースにはならないはずなので、うまく前進して、良い結果が得られると自信を持っている」

関連:F1ヨーロッパGP 予選:セバスチャン・ベッテルがポールポジション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / F1ヨーロッパGP