F1 レッドブル・レーシング 2018年のF1世界選手権
レッドブル・レーシングは、2018年F1マシン『RB14』の正式カラーリングを発表した。

レッドブル・レーシングは19日(月)に新車『RB14』を公開したが、マシンには発表だけのためにデジタルカモフラージュの“スペシャルカラーリング”が施されていた。

26日(月)にスペインのカターロニア・サーキットで2018年のF1プレシーズンテストが開始。

レッドブル・レーシングは2018年のF1世界選手権を戦う正式なカラーリングを発表。昨年同様にネイビーをベースとしたカラーリングが施された。今年、レッドブルはアストンマーティンをタイトルスポンサーに迎え、『アストンマーティン・レッドブル・レーシング』として参戦。マシンサイドとリアウイングにはアストンマーティンのロゴが掲載される。

パワーユニットに関してはタグホイヤーとエンジンネーミング契約を結んでおり、ルノーの2018年型に引き続きタグホイヤーのバッチをつけて搭載し、マシンの正式名称は『Aston Martin-Red Bull Racing-TAG Heuer RB14』となる。

レッドブル・レーシング 2018年 プレシーズンテスト
2月26日(月) ダニエル・リカルド
2月27日(火) マックス・フェルスタッペン
2月28日(水) ダニエル・リカルド
3月1日 (木) マックス・フェルスタッペン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル