エイドリアン・ニューウェイ
レッドブル・レーシングのテクニカルチーフであるエイドリアン・ニューウェイは、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでRB5をプレゼントされた。

レッドブルは、このプレゼントは「2006年の開幕時にレッドブルに移籍してからの優秀なエアロダイナミシストの貢献に対するチームからの感謝の気持ち」だとしている。

エイドリアン・ニューウェイは、グッドウッドで2日間RB5をドライブする。

「実は圧倒されているんだ」ニューウェイは語った。

「スタッフは、私のためにこのマシンを準備するために途方もない努力をしてくれた。見ればわかるよ。ペイントやラインは完璧だし、ヘルメットにまで手が加えられている。その他のすべても素晴らしい。私がここでマシンを走らせるために週末をあきらめてくれたことも嬉しいね」

「最初に走行する前は緊張していた。ハンドクラッチのマシンをドライブしたことはなかったし、ゴーカートを除けば左足ブレーキをしたこともなかった。でも、ドライブしたら本当に素晴らしかった。1速でどれくらい引っ張るか準備していなかったので少し怖かった。だからパドックから出るときはかなり緊張したよ」

「自分に『ハンドクラッチ、ハンドクラッチ』と言い聞かせていが、自動的に左足が動いていたよ! ウェットタイヤで丘を上ったので、穏やかな走りだった。マシンはとても素晴らしいかったし、マシン内の音も最高だった」

「今は、マシンを所有してサーキットを借りられる仲間と一緒にクラブを作る計画をしている。観客の前でスピンするのを心配せずにマシンのドライブを楽めるようなちょっとしたランオフエリアのある近代的なサーキットがいいね!」

画像

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル