ウクライナの抗議者、レッドブル・レーシングのF1ファクトリーを標的
レッドブルは、ロシアでのすべてのマーケティングを停止したと主張する声明を発表したが、ロシア国内での製品の販売は継続している。

ロシアのウクライナ侵攻はF1に大きな影響を与えた。特にハースF1チームは、衝撃的なニュースを受けてメインスポンサーのウラルカリとドライバーのニキータ・マゼピンとの関係を断つことを選択した。

ウクライナ大統領のヴォロディミル・ゼレンスキーは、企業に対し、ロシアから製品を撤去するよう促している。国内での販売から生じる税金が、ウラジーミル・プーチンのウクライナ侵略資金に使われる可能性があるからだ。

マクドナルド、カールスバーグ、ナイキはまさにそれを行い、ロシアの恐ろしい行動に関与したくないことを明らかに望んでいた他の何百もの主要ブランドが続いたが、少数の企業は製品を販売し続けている。

レッドブルは、ロシアでのすべてのマーケティングキャンペーンを一時停止したと主張して、彼らの立場を非常に明確にしているが、製品を棚に置いておき、通常のビジネスを続けている。

ウクライナの抗議者たちは以前、ザルツブルグにあるレッドブルの本社を標的にしていたが、現在はミルトンキーンズにあるレッドブル・レーシングの本社が攻撃されている。

レッドブルのロシアでの売り上げが、ロシアのウクライナ侵略にいくらか資金を提供しているという考えを念頭に置いて、抗議者たちはミルトンキーンズのレッドブル・レーシングの敷地内に侵入し、建物の側面にプーチンのトップレス写真を投影し、ロシアの指導者がレッドブルの雄牛のロゴに乗っているように見せた。

スローガン「レッドブルはプーチンに翼を与える」は、抗議行動を受けてソーシャルメディアで共有され、マックス・フェルスタッペンやセルジオ・ペレスなどのレッドブルに関係するアスリートにメッセージを送ってロシアへの関与について上司に話すことを嘆願できるウェブサイトが開設された。

ウクライナ連帯プロジェクトは、以前にレッドブル本社の側面にビデオを投影し、マックス・フェルスタッペンに行動を起こし、彼のチームがロシアから撤退することを拒否したことを再び立ち上がるように懇願したが、レーシングチームに関係する人々は政治的な問題には近づかないことを好むようだ。

抗議者たちはソーシャルメディアでレッドブルに対し、これは彼らの抗議活動の始まりにすぎないと警告しており、エナジードリンクの巨人のボスに対する行動が見られるまで、プロジェクトは会社に対するキャンペーンを強化することを計画している。

オーナーのディートリッヒ・マテシッツが亡くなった後、レッドブルは経営陣とヒエラルキーの再編成に直面しているため、抗議者が誰と連絡を取ろうとしているのかは不明だ。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル