レッドブルF1代表「ペレスの苦戦の要因は新型タイヤの狭いマージン」
クリスチャン・ホーナーは、セルジオ・ペレスの2022年F1シーズンにおけるタイヤの苦戦は、新しい18インチコンパウンドは最適化するために必要なマージンがわずかしかなかたことによる可能性があると考えている。

セルジオ・ペレスは、F1でのキャリアを通じて、特にザウバーとフォース・インディア時代で、タイヤマネジメントに関して最強のドライバーの1人としての評判を築いてきた。

しかし、2022年の最終戦F1アブダビGP後、セルジオ・ペレスは、ドライバーがよりプッシュできるように設計された18インチのホイールリムに変更された今年のピレリタイヤに苦労したことを認めた。

「レースでのタイヤマネジメントに関して、今年はこれらのタイヤに少し苦労した」とセルジオ・ペレスは語った。

「だから、来年に向けてそこを改善できて、全般的にもう少し強くなることを期待している」

セルジオ・ペレスは、F1アブダビGPのレース序盤に右フロントタイヤを使いすぎたため、2ストップ戦略に切り替えることを余儀なくされ、タイヤの苦戦が代償を伴うことになった。

最終的に1ストップを選択したランキング2位を争うシャルル・ルクレール(フェラーリ)に対してトラックポジションを犠牲にすることになり、最終スティントでギャップを埋めることができず、レースと最終順位の両方で3位に終わった。

今年のセルジオ・ペレスのタイヤの苦戦について質問されたクリスチャン・ホーナーは、小さなセットアップの変更がタイヤのパフォーマンスに大きな影響を与えていることに言及した。

「今年我々が見たのは、マージンが非常に狭いことだ」とクリスチャン・ホーナーはAutosportに語った。

「フロントウイングをわずかに削ったり、車高を少し上げたり、メカニカル的なバランスを少し調整したりするだけで、タイヤの寿命に劇的な影響を与える可能性がある」

「チェコは非常に多くのレースをドライブしており、彼のタイヤは素晴らしかったと思う。アブダビで彼を妥協させたのは最初のスティントだけであり、シャルルとマックス(フェルスタッペン)に比べて右フロントに非常に大きくグレイニングが出ていた」

「その後、ピットインしなければならなかったことで彼は同期できなくなり、非常に妥協したワンストップになった。だから、2ストップの方がより攻撃的なレースだった」

セルジオ・ペレスは、シーズンを通じてマックス・フェルスタッペンえへの挑戦を維持するのに苦労し、チームメイトの15勝に対して2勝にとどまり、149ポイント差でシーズンを終えた。

セルジオ・ペレス レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ピレリ / セルジオ・ペレス