レッドブルF1首脳 「セバスチャン・ベッテルならチーム代表も務められる」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1を引退したセバスチャン・ベッテルが、ドライバーとして、もしくはチーム代表としてF1に戻ってくる可能性があると考えている。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、2022年のF1アブダビGPで299戦目となる最後のF1スタートを切り、57回のポールポジション(歴代4位)、53勝(歴代3位)、122回の表彰台(歴代3位)を獲得した輝かしいF1キャリアに終止符を打った。

最終戦には、セバスチャン・ベッテルの父ノルベルト・ベッテルがガレージに付き添い、初めてカートでレースをしたときのレーシングスーツやヘルメットを展示するんど、長く感動的な別れの週末となった。

F1ラストレースを10位入賞で終えたセバスチャン・ベッテルだが、レッドブルF1のドライバープログラムを監督し、15年ほど前に当時10代だったセバスチャン・ベッテルをグリッドに連れてきたヘルムート・マルコは、アストンマーティンがベッテルの送別レースで戦略を失敗し、コンストラクターズ世界選手権6 位を逃したと考えている。

「戦略的な大惨事だ」とヘルムート・マルオは、最終的なコンストラクターズ順位でアルファロメオに遅れをとったこアストンマーティンを非難した。

「彼ら(アストンマーチン)は1200万ドルを失った」

しかし、最終的には2022年のF1アブダビGPは、セバスチャン・ベッテルが大いに祝った最後のグランプリ週末として記憶されることになるだろう。少なくとも今のところは。

「我々皆、彼がここにどんな性格とどんな爪痕を残していったかを見ることができる」とヘルムート・マルコはServus TVに語った.

「しかし、それは彼の自発的な決定であり、彼が将来何をするにしても、彼を満足させるものになると確信している」

「彼がトップマネジメントに戻ることは問題外ではない。私はもうすぐ 80 歳になるので、それは何とかなるだろう」とヘルムート・マルコは微笑んだ.

また、ヘルムート・ベッテルがドライバーとして復帰する可能性も否定できないと考えている。

「今は彼に何本かの木を植えさせてみよう。その後、何が起こるか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / セバスチャン・ベッテル