エイドリアン・ニューウェイ 「ホンダF1との出会いがすべてを変えた」
2019年のホンダのF1エンジンへの切り替えは、レッドブル・レーシングに新しい時代をもたらしただけでなく、デザイナーのエイドリアン・ニューウェイのモチベーションを再燃させた。

2010 年から 2013 年にかけてセバスチャン・ベッテルが F1 ドライバーズ チャンピオンシップとコンストラクターズ チャンピオンシップの両方を獲得した後、レッドブルが同じ偉業を繰り返すまでにはさらに9年かかった。

当時、レッドブルの最高技術責任者であるエイドリアン・ニューウェイは、セバスチャン・ベッテルを成功へと駆り立てた車の主任設計者だった。

2014年にF1レギュレーションが変更され、ハイブリッドエンジン導入されたにもかかわらず、エイドリアン・ニューウェイは、2013年以降に止めるかどうかを検討していたことを認める。

「2009 年から 2013 年にかけて本当に良い成績を収められたのは幸運だったと言える」とエイドリアン・ニューウェウはRacingNews365.comのインタビューで語った。

「でも、正直に言うと、2013年の終わりにはかなり疲れていた」

F1がハイブリッドエンジンへと切り替えたとき、ルノーがメルセデスやフェラーリに追いつくことができなかったことは明らかだった。

そのため、レッドブル・レーシングは、2018年末に突然ルノーと決別した。その期間はモチベーションにとって生産的ではなかったとエイドリアン・ニューウェイは認める。

「V8 から V6 ターボ エンジンに切り替えた後、エンジン パートナー(ルノー)は実際に競争力のあるエンジンを構築することができなかった」と エイドリアン・ニューウェイは説明する。

「実際、2014年から2020年の間に2倍か3倍ベストなシャシーがあったかもしれないが、チャンピオンシップを獲得するための全体的な競争力のある車が不足していたと思う」

「シャシーがどんなに優れていても、タイトルを獲得できないとわかるのは、かなりやる気をなくさせるものだ」

2019年にホンダへの切り替えが行われたとき、日本のエンジンメーカーとマクラーレンとの関係がどうなったかを考えると、F1の世界に衝撃を与えた。

しかし、レッドブル・レーシングにとって、これはチームにとって別の黄金時代の始まりを意味し、これまでに2回のドライバーズチャンピオンシップをもたらし、メルセデスの8年間の支配に終止符を打った.

「あのコラボレーションがすべてを変えた」と エイドリアン・ニューウェイ は語った。

「突然、スタンダードと競合できるエンジンを我々に与えてくれました。

「それは、競争力のあるシャシーを思いついた場合、実際にタイトルを狙うことができることを意味した。そして、その実現により、遠のいていたモチベーションが戻ってきた」

ホンダが2021年に主要なパワーユニットサプライヤーから撤退した後、チームは2022年にレッドブルパワートレインズを設立してエンジンパートナーを運営しているが、ホンダは事実上プロジェクトを効果的に引き継いでいる。

だが、日本グランプリでレッドブルは、ホンダとのパートナーシップの強化を発表し、車の側面に公式のホンダの会社のロゴを戻した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1