レッドブルF1代表 「2026年の次世代F1エンジンにはセーフティネットが必要」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、パワーユニット時代の初年度となった2014年の格差の再発を避けるために、FIA(国際自動車連盟)に「セーフティネット」を提供するよう要請した。

F1は、V6ハイブリッド パワーユニット導入されて以来、2026年に初めてのF1パワーユニットレギュレーションの大規模な変更を予定している。

2014年、メルセデスのパワーユニットはライバルよりもはるかに優れたパフォーマンスをすぐに引き出すことができたため、メルセデスを搭載したチームが支配的だった。
2026年に独自の新しいF1パワーユニットを製造する予定のレッドブルは、それが再発することを恐れており、クリスチャン・ホーナーは、FIA

2026年に再発することを恐れており、レッドブルが新しい規則の下で最初の自社製システムを実行するように設定されているため、ホーナーはFIAにルールを設定するよう促した。

「我々は公平な競争の場を望んでいるだけだ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「我々は、現在の既存メーカーが持っているものをオーバーシュートしたいわけではないが、同じものを持つことができるポイントに到達できるようにしたい」

2025年末までリバッジされたホンダのF1パワーユニットを走らせるレッドブルは、2026年に新しいサプライヤーとして分類され、2023年と2024年に1000万ドル、2025年に500万ドルの追加ベースライン枠の対象となる。

「基本的に、レギュレーション内にあったセーフティネットは、時間をかけて見直す必要があると思う」とクリスチャン・ホーナーは付け加えた。

「パワーユニットメーカーが目標を達成できなかった場合、2014年のV6時代の導入時に見られたように、大きな格差が生じないように、それを修正する許容範囲はどのようなものか?」

「進行中のすべての作業、ニコラス(トンバジス/FIAシングルシーターテクニカルディレクター)が長々と話し続けるすべてのコメント、そしてモハメド・ビン・スライエム(FIA会長)がに大きく関わっていることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル