レッドブルF1首脳 「英国メディアのネット炎上がユーリ・ビップスを潰した」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ユーリ・ビップスがオンラインで人種差別的な言葉を使用した後、英国のメディアが火をつけた“ネット炎上”によって、レッドブルはドライバープログラムから有望な若者を除外せざるを得なくなったと述べた。

今年6月、ユーリ・ピップスは、Twitchでビデオゲームのライブ配信中にNワードを使用。これを受けて、レッドブル・レーシングはすぐに反応した。

レッドブルがサポートするF2ドライバーは、F1チームでのリザーブドライバーとシミュレーターの任務を停止され、後にレッドブルのジュニアドライバープログラムから完全に除外されました.

しかし、ユーリ・ピップスは、今年のFIA-F2選手権に出場するためにハイテックGPによって保持されている。

ヘルムート・マルコは、メディアからの反発がレッドブルを説得してユーリ・ビップスとの関係を断ち切ったことを認めた。

「イギリスのメディアは、レッドブル・レーシングが彼を罷免せざるを得ないほどの衝撃を解き放った」とヘルムート・マルコはmotorsport.comのインタビューで語った。

「個人的には、彼は21歳で、謝罪したと思う。しかし、私が気になるのは、愚かなビデオゲーム中に起こったことだ。彼らは午後に何もすることがないからだ」

「どうして2分以上もできるのか理解できないが、それが若者だ。私にはどうしようもない。マックス(フェルスタッペン)もシムレーシングでやっている」

数年前にマックス・フェルスタッペンがランス・ストロールに対して“モンゴル”という言葉を使用して中傷した際に取られた行動の欠如と比較して、ユーリ・ビップスに関するレッドブルの決定は公正であるかどうか質問されたヘルムート・マルコは、2つの状況は比較できないと述べた。

「それを比較することはない」とヘルムート・マルコは語った。

「それは個人としての両者の全体的な発展についてでもある」

「マックスは常にこの分野で最先端を走ってきた。もちろん、ビップスに対するメディアやスポンサーからのプレッシャーは非常に大きかったため、行動を起こす必要があった」

レッドブルの現在の若いタレントプールを評価して、ヘルムート・マルコは昨シーズンにF3タイトルを獲得したノルウェー出身のF2ドライバーであるデニス・ハウガーを、彼のパフォーマンスがそのような動きを正当化するならば、F1への昇格に向けて潜在的に並んでいる次のヤングガンとして選び出した。

「デニス・ハウガーは信じられないほどF3を支配した」とヘルムート・マルコは語った。

「現在、彼はF2で浮き沈みがあり、一貫していない。パフォーマンスと他の何ものも決定要因ではない。それは変わる可能性があr」

「できると思っていた人が突然できなくなり、その逆もまた然りだ。だから予測が難しい」

ユーリ・ビップス F1 レッドブル

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル