レッドブルF1首脳 「アルファタウリもポルシェのF1エンジンを搭載」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ポルシェとの提携について最新情報を提供。アルファタウリもポルシェと共同で開発する新しいF1パワーユニットを搭載したいと語った。

レッドブルは、ポルシェとのコラボレーションについてすでに頻繁に声明を発表しており、まだ正式に発表はしていないものの、既成事実となっている。

2026年、フォルクスワーゲン・グループは、アウディとポルシェの2つのブランドでF1に参入したいと考えている。ポルシェが2026年からレッドブルにエンジンを供給するという事実は、現在、F1の公然の秘密だ。

しかし、2026年のF1エンジンルールについてコンセンサスがない限り、フォルクスワーゲンは何の約束もしていない。フォルクスワーゲンは、確立されたF1チームと比較して、予算上限、より持続可能なエンジン、より持続可能な燃料、およびニューカマーのための機会均等に関する特定のルールを求めている。

フォルクスワーゲンと既存F1チームとの間の論点の例は、ニューカマーのための風洞での許可された時間とエンジンの材料だ。ポルシェはアルミニウムエンジンを主張しているが、フェラーリとメルセデスはスチールエンジンを維持することを推進している。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、Motorsport-total.comのインタビューでF1ファンにアップデートを提供。フォルクスワーゲンが求めている規則は現在存在しないため、多くのお役所的な仕事に関与していると語った。

ヘルムート・マルコは、2026年のF1レギュレーションに関する投票は当初、8月2日に行われる予定だったが、8月8日に延期されたと明かし、ポルシェとアウディの希望にまだ同意していないライバルがいると理解している。

「トップチームは自分たちでそれを最大限に活用したいと考えている。ニューカマーが準備する時間が少ないほど、確立されたチームにとってより良いものになる」

メディアによると、ポルシェはレッドブル・レーシングの50%の株式しか取得しないことが明らかになりつつあり、10年契約とされるパートナーシップが続く限り、チームの共同所有者になる。

また、ヘルムート・マルコは、ポルシェはアルファタウリとはそれほど緊密に協力しないが、レッドブルと同じように2026年からポルシェのF1エンジンで走ることを計画していることを確認した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ポルシェ / アルファタウリ