レッドブルF1代表、ポルシェとの交渉は「2026年F1レギュレーションが先決」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、噂されるポルシェとのパートナーシップを進めるには、何よりもまず2026年のF1エンジンレギュレーションが確定しなければならないと語る。

レッドブル・レーシングは、新しいF1エンジン規制が施行される2026年以降、ポルシェとパートナーシップを結ぶと予想されている。モロッコ政府からリークされた文書によると、ポルシェはレッドブルF1チームの 50% の株式を取得してF1に参入する予定となっている。

しかし、ポルシェのF1参戦は、2026年のパワーユニットレギュレーションをめぐる進行中の議論により遅れている。

クリスチャン・ホーナーは、ポルシェまたはその姉妹会社であるアウディがF1グリッドに参加する計画を進める前に、これらが批准されなければならないと主張。後者はアルファロメオを運営するザウバーにリンクされている.

「物事が進展に近づく前に、まず乗り越えなければならない大きな注意時刻がいくつかある。それは主に、パワーユニットの最終的な技術的、スポーツ的、財政的な規制に焦点を当てている」とクリスチャン・ホーナーはコメント、

「それらはニューカマーと現在のメーカーとの間で公正かつ公平になものになるだろうか? それが完了する必要があるパズルの最初のピースだ」

「FIAが懸命に取り組んでいることは知っている。うまくいけば今後数週間でそれを見ることができるだろう。その時点で、ポルシェの関係者とさらに話し合いを行うことができる」

「かなり長いプロセスになるだろう。最も基本的なことは、2026年のレギュレーションがどうなるのかということだ。ポルシェやアウディのような企業がF1に参入するのに十分魅力的なことではないだろうか」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ポルシェ