レッドブルF1首脳 「ユーリ・ビップスにはいかなる支援もしていない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、人種差別に関連した事件のあと、レッドブルはユーリ・ビップスに“いかなる支援”もしいていないことを明確にした。

ユーリ・ビップスは、Twitchでのゲームのストリーミング配信時に“Nワード”を口にしたことで、レッドブル・レーシングのリザーブドライバー契約を解消された。

同時にレッドブルF1との育成ドライバー契約も終了したと考えられたが、その後、レッドブル・レーシングのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、レッドブルが「メンタルヘルスと教育の観点」からユーリ・ビップスを「サポート」し続けると語った。

しかし、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは「明確にしたい」とO ORF Tirolに語った。

「ユーリ・ビップスはもうレッドブルからいかなる支援も受けていない。自分の行動に責任を持つ必要があり、その結果、我々の協力は終了した」

しかし、ヘルムート・マルコは、若いドライバーへの影響の厳しさについていくらかの遺憾の意を表明した。

「もちろん、言葉は才能のあるアスリートのキャリアを破壊する理由ではない」とヘルムート・マルコは語った。

「特に彼が謝罪したときはね」

「しかし、これらは世界的な傾向だ」

ユーリ・ビップスは、ハイテックGPでF2のシートを維持しており、現在、チャンピオンシップで総合8位につけている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル