レッドブルF1代表 「シルバーストンで昨年の借りを返したい」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今週末のF1イギリスグランプリは「純粋なフォーム」ではタイトルライバルのフェラーリが有利になると考えているが、彼のチームは昨年の勝負に敗れた後、シルバーストンで勝つことに「興奮」していると語る。

レッドブル・レーシングは現在、コンストラクターズチャンピオンシップのトップに立っており、シーズン開幕9レースのうち7レースで優勝し、2位のフェラーリに76ポイント差をつけている。

しかし、レッドブル・レーシングのリードにもかかわらず、クリスチャン・ホーナーは、フェラーリのフォームとアップグレードの可能性が彼らをシルバーストンの優勝候補にしていると考えており、満足しているはいない。また、長年のライバルであるメルセデスF1の最近のパフォーマンスの向上について警告した。

「純粋なフォームで見ると、バルセロナのようにシルバーストンはフェラーリにとって強いレースになるだろう」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「メルセデスも最後のレースペースが強かったので、そのレースでは要因になる可能性がある。面白いレースになるだろうし、フェラーリはいくつかのアップグレードがあるとも聞いている。面白いものになるだろう」

クリスチャン・ホーナーと彼のレッドブル・レーシングは、昨年のF1イギリスグランプリで、コンストラクターズチャンピオンシップでメルセデスF1に44ポイント差があったが、レース後にわずか6ポイントまで縮められた。

当時のタイトルライバルであるルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンはオープニングラップでクラッシュ。フェルスタッペンはリタイアし、ハミルトンが勝利を収めた。

現在、レッドブル・レーシングは6連勝中であり、クリスチャン・ホーナーは、今年も勢いを維持することが重要だと語る。

「昨年のシルバーストーンは我々にとってかなり厳しいものだった」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「昨年は快適なリードでそこに行ったが、今年もりーどを築いてそこに行くので、この勢いを維持することが重要だ。我々がまとめたレースはたくさんあり、チーム、ドライバーは素晴らしい仕事をしている」

「シルバーストンはカレンダーで最高のサーキットの1つだ。今年も記録的な観客数になるだろう。そこで皆に会えるのを楽しみにしている。メルセデスのドライバーには多大なサポートがあると確信しているが、我々は気合を入れてそこに向かう。昨年起こったことを正すことを目指す」」

レッドブル・レーシング F1 イギリスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1イギリスGP