レッドブルF1首脳 「9レースで7勝はシーズンを“支配”していると言える」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、信頼性の懸念に警戒しているものの、2022年にレッドブル・レーシングはF1を“支配”していると考えている。

マックスフェルスタッペンは、F1カナダグランプリでシーズン6勝目を挙げた。これは、レッドブル・レーシングにとっても6先勝だった。その結果、コンストラクターズチャンピオンシップの合計を304ポイントとし、フェラーリに対して76ポイントにアドバンテージを拡大している。

また、マックス・フェルスタッペンの運命の好転も急速に進んでいる。最初の3レースで2つのDNFに続いて、ライバルであるフェラーリのシャルル・ルクレールに45ポイント差をつけられていたが、現在ではそれは49ポイントのリードに変わった。

ヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンのリードがF1が「どれだけ早く好転できるか」を表していると指摘したが、最近のフォームと連勝は、これまでのところレッドブル・レーシングがシーズンを支配していることを示していると考えている。

「重要なことは、これらの信頼性問題を終わらせて、回避しなければならないことだ」とヘルムート・マルコは語った。

「スプリントレースもあり、ポイントを積み上げるのに大いに役立った」

「我々は今、信じられないほどの走りを見せている。通常、シーズンの前半は常に追いかけていたが、今は支配的だ」

「最初の9レースのうち7レースに勝った場合、それは支配であると言わざるを得ない」

レッドブル・レーシングは、セバスチャン・ベッテルが両方のチャンピオンシップで圧倒的な勝利を収める途中で最初の8レースのうち6レースに勝利した2011年以来となるF1シーズンの最高のスタートを享受している。

しかし、今年の序盤は、レッドブル・レーシングにはまだ信頼性の懸念があった。マックス・フェルスタッペンは燃料ラインの問題でバーレーンとオーストラリアでフィニッシュできず、前戦カナダグランプリでは、チームメイトのセルジオ・ペレスがギアボックスの問題で早期にリタイアしている。

「ほぼ限界に達している車を持っている場合、信頼性は常に懸念事項だ」とヘルート・マルコは語った。

「それをフェラーリで目にしている。まだテクニカルDNFがないのはメルセデスだけだが、彼らはオーバーヒートの問題によっていくつかのレースでリフトしなければならなかった」

レッドブル・レーシングはカナダでセルジオ・ペレスのギアボックスに何が起こったのかを調査する予定だが、チーム代表のクリスチャンホーナーは「ギアボックスの故障のように見えた」と述べた。

「それは確かにドライブラインの何かだった。エンジンは問題ないように見える」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「したがって、私たちがそれを取り戻すまで言うのは難しい。だが、疑わしいのはギアボックスだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル