レッドブルF1首脳 「RB18はさらに速くすることができる」
マックス・フェルスタッペンは、F1ワールドチャンピオン防衛にむけてリードを拡大し続けているが、レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、チームは現状に満足してはならないと警告する。

シャルル・ルクレール(フェラーリ)がエンジン交換ペナルティを受けたカナダグランプリで、F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは今季6勝目を挙げて、ポイントリードはほぼ50ポイントまで拡大した。

「我々は今、連続してレースに勝っている」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「我々は両方のチャンピオンシップをリードしている。マックスは完璧にドライブしている。それはすべて素晴らしいことだ」

「しかし、(セルジオ)ペレスの車に調査が必要な問題もあったし、ここでのレースでのフェラーリのスピードは本当に印象的だった」

「我々は弱めてはならない」

実際、マックス・フェルスタッペンは、カナダグランプリでカルロス・サインツ(フェラーリ)に1秒以上の差をつけることができずにフィニッシュした。

「レース終了時のサインツからのプレッシャーは計り知れないものだった」とレッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコはORFに語った。

「トラックの2つ目のセクションでは、フェラーリが我々よりも大幅に速かったため、マックスはDRSギャップから抜け出すことができなかった」

「もちろん、マックスのタイヤが古いという事実が影響を及ぼしたが、あのようなプレッシャーに耐えることができたのは彼に敬意を表する必要がある。我々にとって幸運なことに、サインツはヘアピンで2つのミスを犯した」。

「最大のプレッシャーの下でも、マックスはミスをすることなく運転した。彼の無線が故障したのは助けにはならなかったし、彼がもう少しパワーを解き放ってもいいという我々のメッセージを受け取ったかどうかは分からな型」とヘルムート・マルコは付け加えた。

「しかし、無線が機能しない場合でも、少なくとも苦情が聞こえないという利点がある」とヘルムート・マルコは冗談で語った。

セルジオ・ペレスの故障については、それがギアボックスのせいであることをヘルムート・マルコは確認した。

「寿命の終わりだったが、持ちこたえるはずだった。土曜日の事故によるものもあるかもしれない」

ヘルムート・マルコは、フェラーリにはまだ解き放つことができるポテンシャルがまだたくさんあると警告する。

「我々の車はまだ太りすぎている」とヘルムート・マルコは認めた。

「それはネガティブな点だ。ポジティブな点は、車重を減らすことができれば、多くのタイムを得ることができるということだ」

もう一つのネガティブな点は、次のレースのシーンであるシルバーストンがフェラーリにより適していると予想されていることだ。

「フェラーリはスペインで超高速だったし、シルバーストンにいくつかの改善をもたらすだろう。我々にとって厳しいレースになるだろう」とクリスチャン・ホーナーは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル