レッドブルF1代表 「父親であるヨス・フェルスタッペンは客観的ではない」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ヨス・フェルスタッペンは「客観的ではない」と語った。

マックス・フェルスタッペンの父親であるヨスは、モナコの後、レッドブル・レーシングに批判的だった。これは、レッドブル・レーシングがピット戦略を通じてチームのナンバーワンドライバーを支持するのに十分なことをしなかったことを示唆していた。

しかし、セルジオ・ペレスは2年間の契約延長にサインしたばかりであり、彼はナンバー1またはナンバー2のドライバーについての言及があることを否定している。

「僕の契約には、2位で終えなければならないということは何もない。それはまったく問題ではなかった」とセルジオ・ペレスはバクーで語った。

「もちろん、シーズンはまだ若いので、何が起こるか分からない」

レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、「ナンバー1のドライバーは先を行くドライバーであり、それはそれと同じくらい簡単だ」と同意している。

ヨス・フェルスタッペンのモナコ後の批判について「父親が完全に客観的であることは決してない」

「ヨスは彼自身の人格であり、彼自身の意見を持っており、それはまったく問題ない。我々の現実は明らかに少し異なっていたが、それは問題ではない」

「明らかではなかったのは、レース中に我々が持っているすべての情報だった」

またクリスチャン・ホーナーは、レッドブル・レーシングは2022年に本当の敵であるフェラーリに焦点を合わせ続けなければならないと述べた。

「我々の戦いは2人のドライバーの間ではない。2人の速いドライバーがいる非常に競争力のあるフェラーリだ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「チームとして、今年は明らかに非常に速いフェラーリと戦い、挑戦しなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / マックス・フェルスタッペン