レッドブルF1代表 「アストンマーティンへの知財流出の内部調査を実施」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、アストンマーティンAMR22がチームのRB18に酷似した姿に変貌を遂げたことを受け、IP(知的財産権)の流出がなかったか内部調査を実施していると述べた。

バルセロナに登場したアストンマーティンF1のアップグレード版のAMR22は、レッドブル・レーシングのRB18に酷似したサイドポッドを備えていた。

だが、アストンマーティンF1は、不正行為を否定。アップグレードは完全に彼ら独自の仕事の結果であり、FIA(国際自動車連盟)によって承認されたと主張している。

レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、今シーズン前に何名かのスタッフがレッドブルを離れてアストンマーティン移籍したことを指摘。その中には元チーフエアロダイナミストのダン・ファローズも含まれる。

「結局のところ、模倣はお世辞の最大の形だ」とクリスチャン・ホーナーはSky F1に語った。

「そして、今シーズンの初めの冬にレッドブルからアストンマーティンに移籍した個人が数人いたのは偶然ではない」

「実際、その週の初めにFIAが『あなたの車に非常によく似た車があるが、彼らがどこに行ったかを確認するために退職者のリストを入手できるか』と言ってきて、我々の注意を引き起こした」

「もちろん、それはすぐに警鐘を鳴らした。だから今、パドックの上下を見て許されるのは、個人はガーデニング休暇期間の後にチームからチームへと移動することだ。彼らの頭に浮かんだものは公正なゲームだ。それは彼らの知識だ」

「公平ではないこと、我々完全に受け入れられないのは、IPの転送があったかどうかであり、我々はそれを受け入れることはできない」

クリスチャン・ホーナーは、IP転送が発生したかどうかを確認するために、現在レッドブルで内部調査が行われていることを明らかにした。

「私は特定の個人や我々がどこにいるのかを正確に開示するつもりはないが、IPはチームの生命線であり、何百万ポンドも投資しているので、それは犯罪、刑事犯罪にあたる。ライバル組織が犯罪者になるのは見たくないだろう」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「そうでなければ、エアロナイナミスクを販売することもできるかもしれない」

「我々はすでに内部調査を行っている。独自のソフトウェア保護があり、どのソフトウェアがロックアウトされ、そのソフトウェアがどこで制御されているかを正確に把握している」

「しかし、これは規制当局であるFIAの仕事だと思う。なぜなら、彼らはアクセス権を持っており、IPの転送がないこと、その悪用がないことを保証するのは彼らに非常に依存しているからだ。したがって、それを監視するのは彼らの仕事だ」

「実際には、設定された前例がある。我々にとっては、アストンマーティンが我々を打ち負かし始めない限り、最大の問題ではないが、ミッドフィールドにいるチームにとって重大な影響を与える可能性がある」

「そして、我々にとって最大のことは、我々のIPが保護されており、悪用されていないことを保証することだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アストンマーティン