レッドブルF1代表 「フェラーリがピットインしなかったのはラッキーだった」 / マイアミGP 決勝
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2022年F1第5戦マイアミGPの決勝レースを振り返った。

F1マイアミGPの決勝は、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンがスクーデリア・フェラーリのカルロス・サインツとチャンピオンシップリーダーのシャルル・ルクレールをパスして初開催マイアミGPで優勝を飾った。セルジオ・ペレスはセンサー関連のトラブルを抱えながらも奮闘し、4位でフィニッシュした。

シャルル・ルクレールに約4秒差をつけてフィニッシュしたマックス・フェルスタッペンはこれでシーズン3勝目をマークした。また、ファステストラップで1ポイントを上乗せすることにも成功した。

「今日は非常に戦略が重要なレースだった。すべてを出し切った」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「フェラーリがセーフティカーでピットインしなかったのはラッキーだった。マックスはシャルルからかなりプレッシャーを受けていたが、集中を切らさず、ミスを犯さなかったので、今日のレースでかなり効果的だったDRSから徐々に逃げて、勝利を掴むことができた」

「チェコは不運だった。序盤にセンサー関連のトラブルが発生して、約30馬力を失ってしまった。ピットイン後にタイヤのアドバンテージを得て、ようやく力出せるようになった。あのトラブルがなければ、2位で終えられていた可能性がある。このあとは興味深いレースが控えているが、マシンは好調で、開発も進行中だ。重量を管理する必要もあるが、ひとまず今週末の結果には満足している」

優勝したマックス・フェルスタッペンは「マイアミで勝利できて最高の気分だ。レースウィークエンドの雰囲気は素晴らしかったし、米国での勝利はいつだって嬉しい」とコメント。

「肉体的に厳しいレースだった。体重が3kgは落ちたと思うよ! 最低限のタイヤで良いペースが得られたのが自分にとって大きな助けになった」

「ピットインしたときは、シャルル(ルクレール)とのタイム差を管理していた。僕たちはハードタイヤではほぼ互角だったと思う。そして、セーフティカーが入ったことで、ファンにとってはさらに面白い展開になった。今日はハードプッシュする必要があったけれど、上手くできた。チームに大いに感謝している。レースウィークエンド前半が良くなかったけれど、ここまで来ることができた。全員に感謝したい」

4位でフィニッシュしたセルジオ・ペレスは「今日は大いに残念な結果だったけれど、少なくとも完走してポイントを獲得できた」とコメント。

「カルロス(サインツ)にプレッシャーをかけていたときにパワーに問題が起きた。これはセンサーのトラブルで大きくパワーを失い、アタックが制限されてしまった。カルロスまで1秒差につけていたタイミングでエンジンパワーが低下し2周で約30秒を失ってしまった。このトラブルはレース全体に影響を与えることになった」

「表彰台を争えるペースは得られていたので、置かれていた状況下で最大限プッシュした。タイヤマネージメントも難しく、コーナーは本当に厳しかったし、レース終盤にかけてかなりグリップが落ちていった。セーフティカーリスタート後に仕掛けたけれど、グリップが得られず、カルロスの前に出ることはできなかった」

「僕たちは信頼性の向上を目指して懸命に取り組んでいるし、今後もチームとしてプッシュし続ける。不運なレースだったけれど、なんとか完走できたので満足している。バルセロナではトップ争いに復帰したい」

レッドブル・レーシング F1 マイアミGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル