レッドブルF1のエイドリアン・ニューウェイ 「フェルスタッペンを“ワイルド”と評価するのはアンフェア」
レッドブル・レーシングの最高技術責任者であるエイドリアン・ニューウェイは、マックス・フェルスタッペンのコース上での攻撃性だけを見て“ワイルド”だと評価するのはアンフェアだと語る。

マックス・フェルスタッペンがF1マシンを操る卓越した才能の持ち主であることに異論を唱える者はいない。しかし、F1キャリアを通して、フェルスタッペンの攻撃的なレースクラフトはライバルから幾度となく批判を受けてきた。

昨年のブラジルGPでは、マックス・フェルスタッペンはルイス・ハミルトンをコース外に押し出し、サウジアラビアGPではハミルトンに対してブレーキテストを行ったとしてメルセデスF1から猛批判を受けた。

エイドリアン・ニューウェイも、マックス・フェルスタッペンにはいくつか“いたずら”もしくは“愚か”な動きがあったことを認めるが、車から最も多くを引き出す能力については群を抜いていると語る。

「マックスの素晴らしいところは、車が何をできるかを常に把握していることだ。車に乗り込んで常に車の首を絞めている」とエイドリアン・ニューウェイはThe Raceに語った。

「彼のフィードバックは優れている。彼はタイヤが何をしているのか、そして、それらをどのように管理するのかをよく知っている。彼がワイルドであるとい評価するのはアンフェアだと思う」

「おそらく昨年のブラジルでの彼の行動は少しいたずらだった。サウジアラビアは愚かだった。ルイスが追い越さなかったことに不満を感じたと思うが、それでも彼はブレーキテストをするべきではなかった」

「しかし、私にとってシルバーストンは明らかに(ハミルトンによる)プロのファウルであり、人々の記憶は短いようだ。彼らは個人をブランド化するし、それが消えるには時間がかかる」

「彼はとても働きやすく、とてもオープンだ。彼に何かをするように頼めば、彼はいつもトライしてくれる」

エイドリアン・ニューウェイは、マックス・フェルスタッペンと以前のレッドブルのチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを比較し、両者のアプローチの違いを説明した。

「セバスチャンは、セッション後の分析で非常に詳細だった」とエイドリアン・ニューウェイは説明しました。

「デブリーフはかなり長い間続いていた

「セブは夜遅くまで滞在し、オンボードビデオを調べ、データを調べ、エンジニアと話をしていた。それが彼にとってうまくいったことであり、批判ではない」

「マックスはそれほど極端ではなく、真ん中にいる」

「ダニエル(リカルド)とマックスは、フィードバックとデブリーフへのアプローチの点で非常に似ている」

「彼らは知る必要のあることに集中している。質問があれば、座って詳しく説明しれば満足する。とても扱いやすい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / マックス・フェルスタッペン