レッドブルF1首脳 「2017年にホンダを説得するのは簡単ではなかった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2017年にホンダをF1にとどまることを説得するのは「簡単ではなかった」と語る。

マックス・フェルスタッペンの最初のF1ワールドチャンピオン獲得へのホンダの貢献は、昨年のアブダビでの決定的なレース以来、高く評価された。

しかし、マクラーレンとのパートナーシップに失敗した2017年の時点で、ホンダはすでにF1をやめたいと思っていた。

当時、レッドブル・レーシングはまだルノーのエンジンを搭載していたが、コラボレーションは終わりに近づいていた。そして、ヘルムート・マルコはなんとかホンダにF1にとどまるよう説得した。

「マクラーレンがホンダを追い出したいと思っていることがわかったとき、私はすぐにいろいろな連絡をあたった。ホンダにF1を続けるよう説得するのは容易ではなかった。彼らはそれでも出て行きたかった」とFormule1.nlに語った。

ヘルムート・マルコは、彼の連絡先から、ホンダを説得するための重要な情報を入手した。

「AVLをご存じだろうか? 12,000人の従業員を抱える会社であり、その80%はエンジニアだ。本社はグラーツにあり、エンジンとテストベンチを開発している。彼らはホンダに5000万ユーロ以上の機器を供給していた」とヘルムート・マルコは語る。

「次に、ホンダがさくらに比類のないハイテク工場を持っているという情報を入手した。誰もが白衣を着ており、敷地は53ヘクタールだ。次は正しい文字列を打つことの問題だった。そして、それがうまくいったことに感謝している」

ホンダとの契約は、マックス・フェルスタッペンとの契約交渉において重要な役割を果たしたとヘルムート・マルコは語る。

「長い目で見れば、彼にチャンピオンシップカーを手に入れることができなかったとき、彼がどこかに行くのではないかと心配していた」とヘルムート・マルコは語る。

「そのため、最初の契約延長が非常に重要だった。その中でホンダは非常に大きな役割を果たした。彼らの到着はマックスに視点を提供した」

「ホンダとの契約がモンテカルロで締結されたとき、私は階下のキャンピングカーでホンダの社長に言った」

『我々はあなたに世界タイトルを保証する』

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1