レッドブルF1首脳、ペレスを分析「ボッタスはオーバーテイクに関しては敗者」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、バルテリ・ボッタスを“超速い”ドライバーだとラベル付けしているが、オーバーテイクに関しては、セルジオ・ペレスが勝利したと語る。

それぞれのチームリーダーであるマックス・フェルスタッペントルイス・ハミルトンが昨シーズンのF1ワールドチャンピオンを巡って激しい戦いを繰り広げていたとき、彼らの忠実なウイングマンは、相手チームからポイントを削るために懸命に戦っていた。

セルジオ・ペレスは、レーシングポイント/アストンマーティンのシートを4回のF1ワールドチャンピオンのセバスチャン・ベッテルに奪われた後、、2021年の初めにレッドブルF1のドライバーに抜擢された。

セルジオ・ペレスがレッドブルで落ち着くまでには少し時間がかかったが、6月のF1アゼルジャンGPで自身2度目の優勝を果たし、チーム、特に最終戦F1アブダビGPでルイス・ハミルトンを抑えるというマックス・フェルスタッペンのタイトル獲得に重要な役割を果たした走りは称賛された。

ヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスの重要な局面でプレッシャーに耐える能力と決勝での力強いレースペースを称賛するが、予選ではマックス・フェルスタッペンに匹敵することができなかった部分も改善の必要のるエクササイズだと語った。

「現在、予選でフェルスタッペンに立ち向かうことができるドライバーがいないことは明らかだ」とヘルムート・マルコはAutoRevueに語った。

「しかし、崩れない誰かが必要だ。ペレスはそれを実現している」

「9位や11位からスタートすれば、彼がレースで持っているすべての資質は間違いなく助けにならない。

「彼は多くのレースでフェルスタッペンと同じレベルでドライブしているが、フィールドを通過するまでにそれは消えてしまう」

ヘルムート・マルコは、バルテリ・ボッタスの予選での力強いパフォーマンスに注目した。昨年はボッタスは4回ポールポジションを獲得した。

しかし、バルテリ・ボッタスは、ミッドフィールドに巻き込まれたり、トラフィックに対処しなければならない場合、しばしば集団から自分自身を解放するのに苦労した、そして、それはペレスと比較して重要な赤字だった。

「それが彼とオーバーテイクに関して敗者であるボッタスとの大きな違いだ」とヘルムート・マルコは語った。

「彼は超速いが、トラフィックをオーバーテイクすることができない」

そして、2022年はバルテリ・ボッタスにとってトラフィックが大きな障害となる可能性がある。今年、ボッタスは集団のなかでレースをするミッドフィールドのアルファロメオF1でキャリアの新たな章を開く。

しかし、バルテリ・ボッタスはメルセデスF1での過去の業績に誇りを持って振り返る。

「誇りに思っている」とバルテリ・ボッタスはBeyondTheGridに語った。

「もちろん、これから自分が別のチームと継続することを分かっている。状況を少し振り返る時間があったけど、僕たちはいくつかの非常に特別なことを一緒に達成してきた」

「自分とルイスをチームメイトとして見れば、F1の歴史を見ても、僕たちが集めたポイント、勝利、表彰台の数など…僕にとってより良いチームを指名するのは難しい」

「だから、間違いなく誇りに思っている。そして、重要なことは、自分が全力を尽くしてきたことを知っているということだ。鏡を見て、『自分はトライした』と言うことができる。自分が持っているすべてを与えた。それが僕にできることのすべてだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / セルジオ・ペレス / バルテリ・ボッタス