レッドブルF1首脳 「カルロス・サインツはタイトルを争う実力の持ち主」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、教え子であるカルロス・サインツは将来のタイトル候補だと称賛し、フェラーリF1のチームメイトであるシャルル・ルクレールとの関係をフォローアップした。

ヘルムート・マルコは、レッドブル・ジュニアチームのボスとして、2010年から2017年までメンバーだったカルロス・サインツのパフォーマンスを監督していたため、サインツの仕事には非常に精通している。

カルロス・サインツは、2015年にトロロッソでマックス・フェルスタッペンと同時にF1デビューを果たした。翌年5月にレッドブル・レーシングのダニール・クビアトと交代するチャンスが訪れたが、レッドブルはサインツではなく、3歳年下のフェルスタッペンを選んだ。

レッドブル・レーシングへの昇格のチャンスがないと見たカルロス・サインツは、2018年と2019年にレッドブルを離れてルノーへと移籍。マクラーレンでさらに2年間を過ごした後、2021年にフェラーリに移籍した。

27歳のカルロス・サインツは、フェラーリF1での初年度に強力なパフォーマンスを発揮し、フェラーリF1で“ゴールデンボーイ”と見なされている評価の高いチームメイトのシャルル・ルクレールを上回ってランキング5位でシーズンを終えた。

最近、ヘルムート・マルコは、カルロス・サインツがフェラーリF1での初年度にシャルル・ルクレールを上回ったことで、ルクレールを取り巻く神話を“暴いた”と語っていた。

その後、ヘルムート・マルコは、フェラーリF1が定期的にレースに勝つことができるマシンをカルロス・サインツに与えることができれば、元チームメイトのマックス・フェルスタッペンとタイトルを争うことができると語った。

「新しいレギュレーションによって、今シーズンの予測は困難になっている。だが、フェラーリが新車で大ヒットした場合、カルロスがタイトルに挑戦することができるのは確かだと思う」とヘルムート・マルコはAuto Hebdoに語った。

「カルロスは非常に優れたレーシングドライバーだ。彼がレッドブルを去ったのはパフォーマンスによるものではなかった。いずれにせよ、彼は、ルクレールがおそらく多くの人が思っていたワンダーボーイではないことを示した」

カルロス・サインツは、現役F1ドライバーのなかで勤勉だという評価を得ているが、その属性によって外部からの認識という点で自分の才能を覆い隠したくはないと語っている。

サインツ自身はこの冬、F1ドライバーの現在の作物の中で特に勤勉であるという評判を得たが、その属性が外部からの認識の観点から彼の才能を覆い隠したくないと述べた。

彼の父で2度の元ラリー世界チャンピオンであるカルロス・サインツSnrは、彼の息子には遺伝的に才能があると感じている。

「彼は、純粋にドライビングフィールの点で、より大きな天性の才能を持っていると思う」と最近、ダカールラリーでさらに2回のステージ優勝を果たし、通算46勝に増やした59歳のカルロス・サインツSnrは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フェラーリ / カルロス・サインツJr.