レッドブルF1のエイドリアン・ニューウェイ 「F1は複数の燃料ソリューションを検討するべき」
レッドブルF1の最高技術責任者であるエイドリアン・ニューウェイは、エクストリームEがどのように機能しているかを目の当たりにし、F1は未来の燃料について複数のソリューションを検討する必要があると考えている。

エイドリアン・ニューウェイは、2021年に初シーズンを迎えたエクストリームEをランキング7位で終えたベローチェ・レーシング(Veloce Racing)のマネジメントの一人でもある。

エクストリームEのマシンは全電気式SUVであり、水素で充電されたバッテリーで動作し、オフロードでレースをするときに最大540bhpを発揮する。

エクストリームEを目撃したエイドリアン・ニューウェイは、水素パワーを拡大するというアイデアにはメリットがあると考えているが、将来のパワーに関しては目を開いたままにしておく必要があると語る。

「エクストリームEがバッテリーに加えて水素を燃料とすることも許可するなら、それは非常に興味深いだろう」とエイドリアン・ニューウェイはRacingNews365に語った。

「もちろん、一方のテクノロジーがもう一方のテクノロジーよりも明らかに高速ではないことを確認する必要があるため、バランスを取る必要がある」

「いずれにせよ、それはバッテリーの代わりとして水素を促進するための素晴らしい方法になるだろう」

F1のパワーユニットは、2022年に環境に優しい要素を備えたE10燃料を使用する。F1は、化石燃料から徐々に離れ始めており、E10燃には10%エタノールが含まれる。

しかし、エイドリアン・ニューウェイは、今後数年間でF1エンジンがどのように形作られるかについて“特効薬”の解決策はないと感じている。

「1つのことにコミットするべきではない」とエイドリアン・ニューウェイは語った。

「電気は明らかに将来的に特定の用途に使用されるが、合成燃料と同様に水素も使用される」

「それは重要なことだ。人々は気候問題に目を向けておらず、解決策は1つしかないと考えている。そんなことはないだろう」

エクストリームEは、男性1名と女性1名のドライバーで構成されるチームで運営されており、初年度は5ラウンドが行われた。ニコ・ロズベルグが所有する Rosberg X Racingが、ルイス・ハミルトンが所有するX44との激しい戦いを制し、タイトルを獲得しました。

ドーセットでのシーズンフィナーレに出席したエイドリアン・ニューウェイは、F1でメルセデスとの戦いにシーズンを通して注力していたため、エクストリームEのマシンを直接見るのを楽しんだと語った。

「ここを見回すのは面白い。私は遠くから関わり、何が起こっているのかを見守っている」とエイドリアン・ニューウェイは説明した。

「最終的にそれを自分で目撃して、すべてがどのように機能するかを確認できるのは良いことだ。マシンは印象的であり、テレビで見たときに想像していたよりも大きい」

「最初のシーズンはいい感じだったし、すべてのチームと組織が最善を尽くした」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1