レッドブルF1首脳 「ホンダF1はRB18のパフォーマンスに取り組んでいる」
ホンダF1はもはやF1の公式メンバーではないかもしれないが、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ホンダF1は以前としてレッドブルの2022年F1マシン『RB18』のパフォーマンスを支援していると語る。

ホンダF1は、マックス・フェルスタッペンがRB16BでF1ワールドチャンピオンを獲得するのを見届けて、2021年シーズンを以ってF1から撤退した。

だが、ホンダF1は、レッドブルにエンジンの知的財産を譲渡した後、2022年シーズン以降もレッドブルの新しいパワーユニット部門であるレッドブル・パワートレインズにサポートを提供する。

すでにホンダF1はレッドブルのパフォーマンス低下を回避するためのサポートを提供している。2022年にF1はE5燃料からE10燃料に切り替わることで20馬力が失われる可能性があるが、ホンダF1はそれを挽回することに取り組んでいる。

「ホンダは適応するために大規模に取り組んでいる」とヘルムート・マルコは物Auto Motor undSportに語った。

「ポジティブなことを聞いているが、パフォーマンスはまだ2021年と同じではない。だが、全般的にレーストリムでどのように見えるかを待つ必要がある」

また、ヘルムート・マルコは、2021年にライバルのメルセデスF1との最後まで戦いに巻き込まれたにもかかわらず、レッドブルは2022年マシン『RB18』の開発はスケジュール通りに進行していることを明らかにした。

RB18の開発はすべて計画通りに進んでいるかと質問されたヘルムート・マルコは「反対の情報は何も与えられていない」と語った。

「我々は24時間体制で働いています。英国人はそれほど休むような人ではない。彼らはボクシングデーしか知らない」

2022年の目標を尋ねられたヘルムート・マルコは「主な目標は世界選手権のタイトルだ」とコメント。

「だが、このような大きなルールの変更では、確信が持てないものだ」

「メルセデスと我々には、ポテンシャル、人々、そして、継続性がある。再び、他のドライバーが参加することのないハミルトンとフェルスタッペン最高レベルでの決闘になるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1