「マックス・フェルスタッペンはレッドブルF1史上最高のドライバー」とヘルムート・マルコ
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブルF1でこれまで仕事をしたなかでマックス・フェルスタッペンが最高のドライバーだと考えている。

先月、マックス・フェルスタッペンは、最終戦F1アブダビGPのファイナルラップでルイス・ハミルトンを倒して、自身初のF1ワールドチャンピオンを獲得した。

レッドブル・レーシングにとっては、2013年のセバスチャン・ベッテル以来のF1ワールドチャンピオンとなった。

セバスチャン・ベッテルは、翌年から始めるV6ターボハイブリッド時代でメルセデスの支配が始める以前、2010年から2013年までレッドブル・レーシングでドライバーズタイトルを4連覇した。

ヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンは、レッドブルF1で最も成功した才能であるセバスチャン・ベッテルを上回っていると語った。

これまでレッドブルF1で一緒に働いたなかでマックス・フェルスタッペンが最高のドライバーかと質問されたヘルムート・マルコは「イエス。間違いなく彼だ」とIndependentに語った。

ヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンが最も際立っている理由として、天性の能力と生のペースを挙げた。

「彼はウォームアップラップを必要としない」とヘルムート・マルコは語った。

「どこかで雨が降った場合、他の人は5~8周する。そのあとマックスは出て行き、最初のラップで最速タイムを設定する」

「またジェッダだ。誰もそのトラックを知らなかった。他の人たちは再び運転を重ねていた。マックスは出ていって…バンだ! 3つとも区間ベストだ。それは彼の魅力的なクオリティの1つだ」

シーズンのフィナーレを巡る議論は続いているが、ヘルムート・マルコは、多くの主張に反して、マックス・フェルスタッペンは最初にF1に入ったときよりも攻撃的ではなくなったと主張している。

「彼は少し攻撃的ではなくなっており、今では全体像をよりよく見ることができている。それは重要な違いだ」とヘルムート・マルコはコメント。

「初期の頃、マックスは常に、そして、あらゆる状況下で最速になりたいと思っていた。彼は今、それを選りすぐって、本当に必要な場合に届けることを学んだ。レッドブルでの最初のレースでその成熟度をすでに示していた」

「もう1つの重要な違いは、数年前はフリープラクティスで問題が発生した場合、マックスは爆発してピットボックスを怒鳴りつけていた。たとえば、バックマーカーが十分にすぐに動かなかった場合、彼はトラックでコース上で短気を感じることがあった。今では彼ははるかに落ち着いている。彼は一貫して非常に高いレベルでパフォーマンスを発揮している。本当に並外れたドライバーだ」

マックス・フェルスタッペンは17歳でF1シーンに登場して以来、20勝を挙げており、その半分はタイトルを獲得した昨シーズンに挙げている。

2016年のF1スペインGPでのレッドブル・レーシングでのデビュー戦で勝利を収め、セバスチャン・ベッテルのこれまでの記録を破ってF1レースで優勝した史上最年少のドライバーとなった。

セバスチャン・ベッテルは、2015年にフェラーリに移籍する前に、レッドブル・レーシングで38勝を収めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / マックス・フェルスタッペン