レッドブルF1代表 「2021年への注力が今季に影響していないことを願う」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2022年に次世代F1マシンでフェラーリが大成功を収めることを警戒している。

今年、F1は広範囲にわたるレギュレーション変更が施行されるため、大部分のチームは開発面で昨シーズンを通して2022年F1マシンにリソースを集中させた。

しかし、レッドブル・ホンダF1はそうはいかなかった。マックス・フェルスタッペンが、メルセデスとルイス・ハミルトンを倒してタイトルを獲得できるようにシーズン後半まで2021年F1マシンの開発を推し進めた。

最終的にコンストラクターズタイトルではメルセデスF1に敗れたものの、レッドブル・レーシングがチームにとって2013年以来となるドライバーズタイトルを獲得した。

クリスチャン・ホーナーは、2022年の準備を損なうことはないと確信してはいるものの、フェラーリがレッドブルを倒すことになれば、自分たちの選択が間違っていたことが証明されることになると認める。

「フェラーリが最速のマシンで現れ、最初のレースで大勝利を収めることになれば、それが我々を損なったと言わなければならないだろう」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「しかし、我々全員が2022年に大きなレギュレーション変更が行われることは認識していると思うし、それに応じて、リソースを適用してきた」

「もちろん、各チームが自分たちが正しいと感じることを実施し、組織にプレッシャーをかけていると確信している。しかし、チームが傑出していると私が思っているのはそこだ」

「新しいレギュレーションの開発率を維持し、2021年のマシンに焦点を合わせ続けることに多大な努力が払われた。チーム全体でチームの全員が示したコミットメントは驚異的だった」

「だが、完全に新しいマシンで2~3か月後に戻ってきたときにしか分からない。新しいマシンは異なって見えるし、感触も異なり、運転も異なる。誰がそれを正しく行い、誰が間違っている? すべてが再び始まる」

昨年のタイトル候補よりも2022年のF1マシンに焦点を当てたことが、ミッドフィールドのチームとバックマーカーが2022年のトップチームとのギャップを埋める唯一の理由ではない。

予算上限は、小規模チームに利益をもたらすが、新しい空力ハンディキャップシステムのおかげで、すべてのチームが、レッドブルやメルセデスよりも風洞作業に多くの時間を費やすことができる。

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、それが勢力図に影響すると確信している。

「我々は皆、同じ財政的上限の下で運営されており、その概念は非常に新しいものだ」とトト・ヴォルフは述べた。

「それから空力規制が導入された。チャンピオンシップでの順位をベースにチームはもう少し余裕があるチームがいる」

「したがって、フェラーリ、マクラーレン、アストンマーティン、アルピーヌなど、今年のチャンピオンシップを争っていなかったチームが、他の誰よりもはるかに多くの風洞作業に基づいてインテリジェントなコンセプトを考え出すことができる可能性は十分にある。それを非常に正しいことだ」

「チャンピオンシップやレースで以前よりもはるかに緊密な戦いを期待する必要があると思う。それはエキサイティングだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1