レッドブルF1代表 「ドライバーズタイトルの名声は何物にも代えがたい」
レッドブル・ホンダF1は、2021年に両方のチャンピオンシップに勝つチャンスがあったが、チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、最もチームが望んでいたのはドライバーズタイトルだと語る。

マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンを破って自身初のF1ワールドチャンピオンを獲得。2013年以来、初めてメルセデスF1以外のドライバーがリャンピオンシップを制した。

シーズンの様々な時点でレッドブル・ホンダF1には両方のタイトルを獲得できる可能性があるように見えたが、終盤にメルセデスF1は巻き返しを見せ、コンストラクターズタイトル8連覇という偉業を達成することになった。

しかし、レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、どちらかを選択できたとしたら、自分の視点から見てコインは正しい側を向いて着地したと感じている。

「お金が支払われるのはコンストラクターズだ。チャンピオンシップのパフォーマンスに基づいて、スポーツにもたらされた収益が分配されるのはコンストラクターズだ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「我々のチーム内のすべての従業員、そして、おそらく、ほとんどのチームの従業員は、ドライバーズではなくコンストラクターズチャンピオンシップでどこにいるかで報われると思う」

「しかし、ドライバーズには明らかに人気と名声がある。我々のビジネス内で、このドライバーズチャンピオンシップとコンストラクターズをトレードしたがる従業員は1人もいないと思う」

「マックスがファクトリーを訪れたときの反応を見れば、誰もが彼が達成したことをとても誇りに思っている」

「もちろん、その収益分配のためにコンストラクターは非常に重要だ。たとえば、1位と2位の差は数百万ドルという話になる

「だが、ドライバーズチャンピオンシップの名声は大きい。本当に欲しいのはそれだ。そして、それこそが達成するに大きな意味がある理由だ」

メルセデスF1の支配時代がどれだけ続いたかを考れば、セバスチャンベッテルは、2010~13年の4年連続でチャンピオンを獲得したレッドブルは成功の見知らぬ人ではないが、マックス・フェルスタッペンのタイトルは特に特別だと感じているとクリスチャン・ホーナーは語る。

「これは最初のタイトルと同じくらい特別な感じがする」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「このタイトルの激しさと競争力は常軌を逸していたと思う」

「ルイスとメルセデスチームの両方というライバルのクオリティに対峙することで、我々は自分たちができると考えていた以上の力を発揮できたかもしれない」

「ハイブリッド時代の間、メルセデスがすべてを支配し、ライバるを全滅させてきたことが、それをさらにやりがいのあるものにさせたと思う。そして、我々はついに競争力のあるマシンを生み出すことができ、マックスは両手でそれを掴んだ」

「モータースポーツで提供されている最大のタイトルでトップに立つことは、我々にとって非常に誇りに思う瞬間だ。そして明らかに、我々はマックスが達成したことを非常に誇りに思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン