レッドブルF1首脳 「FIAはシステムの不備をドライバーに擦り付けた」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1カタールGPでチーム代表のクリスチャン・ホーナーが“ローグ(ペテン師)”発言でスチュワードから警告を受けた件でFIAを非難した。

クリスチャン・ホーナーの怒りは、マックス・フェルスタッペンに決勝直前にグリッド降格ペナルティが科されたことを受けてのものだった。フェルスタッペンは予選Q3の決定的な瞬間にダブルイエローを尊重しなかったとして罰せられた。

「少なくとも私は無線に呪いをかけたり、誰かに名指しで批判したわけではない」とクリスチャン・ホーナーは語りライバルのメルセデスのF1チーム代表であるトト・ヴォルフに怒りの矛先を向けた。

ヘルムート・マルコは、クリスチャン・ホーナーが怒るのも無理はないと擁護する。

「怒りは、1台のマシンにはイエローフラッグが提示されず、次のマシンに提示され、3台目のマシンにダブルで提示されたことについてだ」とヘルムート・マルコは語った。

「とにかくそれは矛盾している」

それはワールドチャンピオンシップ争いが激化するなかで大きな決定だった。マックス・フェルスタッペンは2番グリッドから7番グリッドに降格。それでも、なんとか2位表彰台まで挽回し、ファステストラップの1ポイントも獲得した。

「マックスが2番目でスタートしていたら、もっと僅差だっただろう」とヘルムート・マルコは同意する。

「論理的に、彼は初期段階でタイムを失ったし、タイヤを酷使させなければならなかった」

クリスチャン・ホーナーは、スチュワードについての彼の発言について謝罪している。

「彼はイエローグラッグを提示した人に個人的にも謝罪した」とF1レースディレクターのマイケル・マシは明かした。

「クリスチャンの名誉のために、彼はまた2022年にスチュワードワークショップに参加することを志願した」

「私の観点からは、世界のあらゆる場所のあらゆるトラックのすべてのボランティアを保護してく。なぜなら、彼らについてのそのようなコメントは受け入れられないからだ」

マックス・フェルスタッペンのルイス・ハミルトンに対するアドバンテージは、残り2戦でわずか8ポイントまで減少した。

ペナルティについて質問されたマックス・フェルタッペンは「スチュワードからプレゼントをもらったことはないので問題ない。驚きはない」と語った。

しかし、ヘルムート・マルコは、彼の欲求不満を問題のスチュワードから組織としてのFIAに移した。

「馬鹿げている」とヘルムート・マルコはSport1に語った。

「FIAはまともなマーシャリングシステムをセットアップすることができず、ドライバーに責任を負わせることでその無能さを隠そうとしている」

「デジタル時代では、ドライバーはすべてをディスプレイに表示されている。そして、ディスプレイには何も表示されていなかった。そして、突然、経験の浅い人が旗を振っていた」

「その後、マシから問題はないというメッセージが来ていた。同時にグリーンライトを見て、それは自分のためのものだと考えた」

「とにかく不幸な状況だった。私の意見では、ドライバーの誰も罰せられるべきではなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / FIA