レッドブル・ホンダF1、予防措置でフェルスタッペンのリアウイングを交換 / F1アメリカGP
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1アメリカGPのフリー走行3回目にメカニックがマックス・フェルスタッペンのリアウイングにヘアラインクラックを見つけたことで、セッション中に新しいリアウイングに交換したと述べた。

サーキット・オブ・ジ・アメリカズでは、これまでのところ、高温とパンプある路面が大きな話題の2つであり、フェラーリのローラン・メキーズは、一部のチームが予想よりもバンプが酷いと感じていると指摘している。

バンピーな路面は、マックス・フェルスタッペンのリアウイングにひびを入れた可能性がある。クリスチャン・ホーナーは、リアウイングを交換したことを明かし、すべてのマシンがサーキットを荒々しく走っていると付け加えた。

「メカニックの1人がヘアラインクラックのように見えるものを発見したので、リスクを冒さず、コンポーネントを変更した」とクリスチャン・ホーナーは Sky Sports に語った。

「この辺りでマシンはかなり荒れた乗り物になっているのを見ることができる。みんなにとって良い場所であり、それを交換するのは良いことだ」

予選に先立って気温が上昇すると予想されるが、クリスチャン・ホーナーは、それが大きな問題になるとは予想していない。

「それほど大きな違いはないし、それほど熱くなることはないだろう。風が動くかどうか、強まるかどうかに依存する。それはかなり荒々しいからね」

「特にセクター1では、かなり複雑になる可能性があるが、それが合理的な指標になることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / フェルナンド・アロンソ / F1アメリカGP