レッドブルF1代表 「アキュラはF1で提示するに相応しいブランド」 F1アメリカGP
レッドブル・レーシング・ホンダとスクーデリア・アルファタウリは、テキサス州オースティンで開催されるF1アメリカGPでアキュラをフィーチャーすることを発表した。

ホンダの北米市場向けハイパフォーマンスブランドであるアキュラは、1980年代・1990年代のカナダGPとアメリカGPで、F1レジェンドのアイルトン・セナとアラン・プロストのヘルメットバイザーにロゴが掲示されていたが、14年前のカナダGPを最後にF1から姿を消していた。

しかし、成功を収めているレッドブルとホンダのパートナーシップにより、10月22日から24日にかけてサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(テキサス州オースティン)で開催されるF1アメリカGPで、レッドブル・レーシング・ホンダ、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダとともにアキュラ ブランドがグリッドへ復帰することが決定した。

アキュラのブランドロゴは両チームのF1マシンのリアウイングに掲示される他、スクーデリア・アルファタウリのピエール・ガスリーと角田裕毅、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスのドライビングスーツとヘルメットバイザーにもフィーチャーされる。

クリスチャン・ホーナー(レッドブル・レーシングCEO / チームプリンシパル)
「アキュラはホンダの北米市場用ハイパフォーマンスブランドですので、モータースポーツの頂点であるF1での掲示は実に相応しいと思いますし、私たちは今年のアメリカGPでアキュラが復活することに喜びを感じています。個人的には、1989シーズンのアメリカGPを制したアラン・プロストのヘルメットバイザーにアキュラがフィーチャーされていたことを良く覚えています。同じブランドをフィーチャーする私たちが今週末のサーキット・オブ・ジ・アメリカで同じ結果を得られることを願っています」

山本雅史氏(ホンダF1 マネージングディレクター)
「2021シーズンのアメリカGPにおいて、レッドブル・レーシング・ホンダならびにスクーデリア・アルファタウリ・ホンダとのパートナーシップにアキュラが加わることは非常に特別です。今年は素晴らしい内容のシーズンを送れているので、米国で開催されるこのアイコニックなF1レースで、アキュラブランドを私たちのストーリーに加えられることを誇りに思います」

エミール・コルコー氏(アキュラ National Sales 副社長補佐)
「私はF1の大ファンで、カナダで過ごした子供時代に、カナダGPのセナとプロストのヘルメットにアキュラブランドのロゴが掲示されていたのを良く覚えています。アキュラのようなパフォーマンスブランドにとってモータースポーツは極めて重要な存在ですので、今回のアメリカGPにおけるレッドブル・レーシング・ホンダならびにスクーデリア・アルファタウリ・ホンダとのパートナーシップの実現にこれ以上ない興奮を覚えています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1アメリカGP