レッドブルF1は“息苦しい”契約でドライバーを縛り付けている
レッドブルF1のジュニアドライバーを契約で縛り付けるやり方には“問題”があると元F1ドライバーのクリスチャン・アルバースは見ている。

過去数年間、レッドブル・レーシングは、No.1ドライバーのマックス・フェルスタッペンのチームメイトの高い離職率に悩んでいる。今年は、レッドブルのタレントプール外からセルジオ・ペレスを連れてきており、来年もペレスは継続される。

元F1ドライバーのクリスチャン・アルバースは、実際に有利な契約を結んでいるレッドブルのドライバーはマックス・フェフスタッペンだけだと語る。

「ドライバーにとって問題はレッドブルの契約の息苦しさだ」とクリスチャン・アルバースは  De Telegraaf に語った。

「そのような合意を持っていないのはマックス・フェルスタッペンだけで、残りは深刻な問題を抱えている。彼らは単に他の場所に行くことができない。そうするためにはマルコおじさんが必要だ」

クリスチャン・アルバースは、レッドブルが若いドライバーを非常に長期的な契約で拘束し、彼らをレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリの間で自由にシャッフルする権利を得て、彼らが去ることを阻止していると語る。

重要な例は、ピエール・ガスリーだとクリスチャン・アルバースは語る。

ピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシングから降格させられ、現在、アルファタウリに閉じ込められていることに公然と腹を立てている。

「ガスリーのパフォーマンスとF1以外での彼の人生を見れば、彼の失望を見ることができだろう」とクリスチャン・アルバースは語った。

「失礼ながら、ピエールはレッドブルが彼をだましたと感じている。そして、私はドライバーに対する彼らの態度が非常に無礼であることに同意する」

クリスチャン・アルバースによれば、もうひとつの例はダニール・クビアトだ。

「彼は表彰台に立ち、次のレースで蹴落とされた。正直に言って、それでは意味がない」と元ミナルディのF1ドライバーは語った。

「これはすべてヘルムート・マルコがやっていることだ。だが、おそらく彼らも自分たちの過ちから学んでいるかもしれない。彼らはアレクサンダー・アルボンに圧力をかけるのをやめた。ペレスにもプレッシャーをかけていない。だから、彼らが学んでいるのは確かだ」

「しかし、まだマルコ博士の昔ながらのオーストリアスタイルは健在だ。だが、彼らはマックスにはそういったことはしていない。そんなことをすれば、彼らはヨスに問題を抱えることになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アルファタウリ