レッドブルF1代表 「ハミルトンはエンジン交換をせざるを得なかった」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1トルコGPでルイス・ハミルトンが新しいICE(内燃エンジン)を搭載したのは、メルセデスの“選択”ではなく、“強制的”な決定だったと感じている。

ルイス・ハミルトンがいつ4基目のF1パワーユニットをプールに追加するかには多くの関心が集まっていた。F1トルコGPで、メルセデスは確かにエンジンを変更したが、中途半端なものだった。エンジンのみの交換で10グリッド交換ペナルティを受ける。

クリスチャン・ホーナーは、これをメルセデスの戦略的な動きとは見ておらず、メルセデスのカスタマーの問題を考えれば、この決定は強制的なものだったと感じている。

実際、バルテリ・ボッタスは、前戦F1ロシアGPで新しいパワーユニットを投入。2戦連続となる交換でエンジンは5基目となっている。

「おそらく我々の理解では、選択的な決定ではなく、強制的な選択だと思う」とクリスチャン・ホーナーは Sky F1  に語った。

「明らかに彼らの他のチームにもいくつか問題が発生していた」

「それは我々と我々がやっていることに影響を与えまないが、それは我々のどちらも管理できなかった、3基エンジンでシーズンの終わりに到達することがどれほどタイトでタフであるかを示している」

「我々は4基でシーズン終了に到達できることを願っている」

ルイス・ハミルトンのタイトルライバルであるマックス・フェルスタッペンは、前戦F1ロシアGPで新しいパワーユニットを投入したが、残りはまだ7ラウンドある。

クリスチャン・ホーナーは、現在利用可能なF1パワーユニットでシーズンを締めくくることができるとはまだ断言しない。

「好きなだけシミュレーションとモデリングを行うことができるが、何らかの変数は発生する。シミュレートされた世界のような状況の完全な安定性はシーズン終了まで存在しない」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「それで、他に紆余曲折があるかもしれない。どうなるか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1トルコGP