レッドブル・ホンダF1、メルセデスのF1パワーユニットの弱点を把握?
レッドブル・ホンダF1は、メルセデスのF1パワーユニットの弱点がどこにあるかを把握していると報じられている。

メルセデスは、F1ロシアGPでバルテリ・ボッタスのパワーユニットを2戦連続で交換するという不可解な動きを見せており、チームメイトのルイス・ハミルトンがいつ4基目のパワーユニットを投入してグリッド降格ペナルティを受けるかに注目が集まっている。

今シーズン、ホンダとメルセデスのF1パワーユニットは、ほぼ互角の性能を発揮しているように見える。メルセデスのF1エンジンの“トリック”に対するレッドブルの異議を申し立ては棄却されたが、その過程のなかでレッドブルはメルセデスが前進できなくなる可能性がある場所を特定したとされている。

「メルセデスエンジンの弱点がどこにあるかについて、パドックには激しい憶測がある」と Auto Motor und Sport は主張。

「レッドブルはクランクシャフトとバルブシートについて何らかのことを耳にしたと主張している。メルセデスの古いエンジンは走行距離が増えるにつれて不釣り合いな量のパワーを失っている。だが、これはメルセデスによって確認されていない」

だが、メルセデスのF1エンジンの問題について質問されたトト・ヴォルフは「それは些細なことだ。愚かなことにいつも異なっている。明確なパターンはない」とそれらの見方を否定している。

ヘルムート・マルコは、2021年のタイトル争いが非常にタイトであり、ホンダのF1パワーユニットの進化によって、メルセデスがフルキャパシティで走らせなければならなくなった結果、ライバルのセットアップの弱点が顔を出すようになったと考えている。

「メルセデスはかつて簡単なゲームをしていた」とヘルムート・マルコは語る。

「彼らはレースの最初の数周でスロットルを使用し、その後エンジンをローギアで走らせていた」

「だが、それはもはや不可能だ。今、彼らはより高いモードでより頻繁に、そして、より長く運転しなければならない。そして、そこに問題がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1