レッドブルF1代表 「残りのサーキットでのメルセデスへの勝機は五分五分」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスに対して2021年シーズンの残りのサーキットにおける勝機は“五分五分”だと見ている。

F1ロシアGPでは、ルイス・ハミルトンが優勝してランキング首位に返り咲いたが、その差はわずか2ポイント。4基目のパワーユニットを投入して最後尾からスタートという最大の危機を迎えていたマックス・フェルスタッペンにとって2位表彰台で終えられたことは“勝利のようなもの”だったとクリスチャン・ホーナーは語っている。

ソチでのメルセデスの優位性を考えれば、レッドブルはルイス・ハミルトンが勝利することは織り込み済だったが、マックス・フェルスタッペンがそこまでポイントを獲得することは期待していなかった。

「今後、メルセデスが優位なモンツァやソチのようなサーキットはもうない」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼らは昨年トルコで優勝したが、我々は2台ともオースティンで強かった。そして、我々はメキシコとブラジルおいう高地サーキットで常に強い」

「カタールとサウジアラビアについてはまだ分からないが、アブダビがある。残りのトラックの勝機は五分五分くらいだと思う」

ルイス・ハミルトンにとっても、レースリーダーであるランド・ノリスが雨天での判断をミスした日曜日のレースで勝利できたのは幸運だった。F1オランダGPのボスであるヤン。ラマースはそれをメルセデスドライバーへの“天からの贈り物”と呼んだ。

ヤン・ラマースは、マックス・フェルスタッペンのレースは、ルイス・ハミルトンの通算100勝目というレースを覆す恐れがったと主張する。

「レース後にリストを見た」とヤン・ラマースは NOS に語った。

「ミハエル・シューマッハは91勝、ハミルトンは100勝だが、マックスはすでに全体で17位だ。これは、かなり驚くべきことだ」

「しかし、今世紀はハミルトンにとって本当に素晴らしいことだ」とヤン・ランマーズは認めました。

元レッドブルのF1ドライバーであるロバート・ドーンボスは、日曜日のマックス・フェルスタッペンの結果がルイス・ハミルトンの前人未踏の100勝目を覆い隠していたことに同意する。

「彼はラインを通過した後、すぐに右を向いているのが見える。そこには本当に大きな画面があるからだ」とロバート・ドーンボスは ZiggoSport に語った。

「彼はすぐにマックスがどこにいるのか知りたかった。彼は今日、もっと大きな穴を開けられるはずだと思っていただろうが、マックスは日曜日の午後にさらに良かった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / メルセデス