レッドブル・ホンダF1 「ピットストップ失敗の再発防止策は万全」
レッドブルF1のヘルムート・マルコは、F1イタリアGPでマックス・フェルスタッペンに発生したピットストップでの失敗が今週末のソチで再発しないことを保証した。

F1イタリアGPでは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンのシケインでの衝突が大きな注目を集めたが、11秒というフェルスタッペンのスローストップがなければ、二人が近くを走行することはなかっただろう。

ヘルムート・マルコは、ピットストップ時に何が起こっていたのかを説明した。

「レギュレーションに変更があった」とヘルムート・マルコは RTL に語った。

「安全上の理由から、メカニックの準備ができてからマシンがリリースされるまでに0.15秒かける必要がある」

このレギュレーション変更によって、フィールドで最速を誇るレッドブル・ホンダF1のピットストップ手順が妨げられたことで、メカニックがマイナーなミスを犯したとヘルムート・マルコは語った。

「ボタンが押されなかったので、ジャッキマンは長い間待っていたにもかかわらず、マシンをリリースすることができなかった」とヘルムート・マルコ語った。

だが、レッドブル・ホンダF1は、今週末のF1ロシアGPの前にミスを完全に理解したとヘルムート・マルコは語る。

「我々は継続的にトレーニングを行っている。そうしなければ、通常、ピットストップ時間が最速にはなならい」とヘルムート・マルコは語った。

「このようなミスを犯さないようにシステムは改善された」


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1