レッドブルF1首脳、ハミルトンに皮肉「怪我の翌日に面白い衣装で登場」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ルイス・ハミルトンに皮肉。F1イタリアGPでマックス・フェルスタッペンと接触して首の負傷を訴えた翌日に“面白い衣装”でニューヨークにいたと語った。

すでにヘルムート・マルコは、怪我についてはメルセデスとハミルトンが作った“ストーリー”だと呼び、彼らはその余波のなかで“ショー”を行ったと批判していた。

元F1ドライバーのラルフ・シューマッハも、ルイス・ハミルトンが事故を「脚色しすぎ」だと非難して、ヘルムート・マルコを支持した。

ルイス・ハミルトンは、翌日にニューヨークで行われた Met Gala のレッドカーペットに登場している。

「インシデント全体が生命を脅かすものではなかったのは確かだ」とヘルムート・マルコ n-tv に語った。

「彼が本当に深刻な首の痛みや何か問題を抱えていたら、翌日に非常に面白い服装でニューヨークに現れるようなことはかっただろう」

「あのような事件の後で、首を負傷して、7時間の飛行に乗れるのであらば、それほど深刻ではなかったのだろう」

ヘルムート・マルコのこの発言は、レッドブルとマックス・フェルスタッペンが、ルイス・ハミルトンとの衝突の潜在的な深刻さを真剣に受け止めていないとも受け止められるが、ヘルムート・マルコはそれを否定する。

「我々サイドには、相互の尊重があり、可能な限り衝突を回避するように、マックスに影響を与えようとしている」とヘルムート・マルコは語った。

「だが、彼らはレーシングドライバーだ。バイザーが下がると、それはすべて忘れられてしまう」

ルイス・ハミルトン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ルイス・ハミルトン / メルセデス