レッドブルF1代表 「ガスリーを2023年に起用する可能性は除外していない」
ピエール・ガスリーは、アルファタウリ・ホンダでの刺激的なパフォーマンスが2022年にレッドブル・レーシングに呼び戻されるために十分なものであることが期待していたが、それは実現しなかった。しかし、レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ガスリーはファミリーの一員であり、呼び戻すことについて“何も除外していない”と語る。

ピエール・ガスリーは、2021年シーズンの傑出したドライバーのひとりであり、F1アゼルバイジャンGPで表彰台を獲得し、14レース中10レースでポイントを獲得し、ドライバーズランキングで9位に位置している。

また、コンストラクターズ選手権でも、ルーキーのチームメイトである角田裕毅がスピードを上げるのに苦労している間にアルファタウリ・ホンダをぼぼ一人の力でランキング5位に導いている。

それらのパフォーマンスにより、多くの人がピエール・ガスリーがレッドブル・レーシングに戻ることを可能にすると考えた。

しかし、先月、レッドブル・レーシングは、2022年もマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてセルジオ・ペレスを続投させることを発表。ピエール・ガスリーは、角田裕毅とともにアルファタウリに残留し、チームリーダーの役割を継続することが決定した。

ピエール・ガスリーは、2019年にレッドブル・レーシングとわずか12戦を戦っただけでトロロッソに降格させられたが、チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、将来のある時点でガスリーがチームに復帰する可能性について「何も除外していない」と語った。

「彼はとてもいい水準で運転している。彼はまだとても若く、素晴らしい仕事をしている。2023年には、複数のオプションを利用できるため、その際に我々がいる状況は、まさに我々が望んでいるものだ」

「ピエール・ガスリーはここ数シーズン、アルファタウリと驚異的な仕事をしてきた。彼らの願望は高まり続けているので、彼がリードドライブを維持することは良いことだ。彼はアルファタウリに貸し出されているレッドブル・レーシングのドライバーのままだ」

現在、レッドブル・レージングは、ドライバーの選択肢という点で非常に強い立場にある。マックス・フェルスタッペンとは2023年末まで契約を結んでおり、セルジオ・ペレスはもう一台のマシンで見事ではないにしても堅実な仕事をしている。

レッドブルF1は、2023年にアレクサンダー・アルボンをウィリアムズからレッドブル・レーシングもしくはアルファタウリに呼ぼ戻すオプションを保持しており、ピエール・ガスリー、もしくは角田裕毅を昇格させることもできる。

また、レッドブルのタレントプールには、アルファタウリに空席ができた場合にそれを埋めることができる多くのジュニアドライバーも控えている。

「我々はこの若い才能のグループが控えている」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「F2にはリアム・ローソンとユーリ・ヴィップスがいます。F3ではデニス・ハウガーが先頭に立っており、エキサイティングな若いアメリカ人のジャック・クロフォードがいる」

「したがって、ジュニアプログラムには強さと深みがある」

注目すべきことに、2022年のグリッド上の20人のドライバーのうち少なくとも8人(40%)は、レッドブルのジュニアプログラムを通過するか、ワークスチームによって起用されている。(マックス・フェルスタッペン、セルジオ・ペレス、ピエール・ガスリー、角田裕毅、アレクサンダー・アルボン、セバスチャンベッテル、カルロス・サインツ、ダニエル・リカルド)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ピエール・ガスリー