レッドブルF1代表 「ピットストップのヒューマンエラーは技術指令に起因」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1イタリアGPでのマックス・フェルスタッペンのスローピットストップを引き起こしたヒューマンエラーは、FIA(国際自動車連盟)がF1ベルギーGPから導入した取り締まり起因するものだったことを明らかにした。

6月末、FIAは、安全上の理由でピットストップを遅くし、自動化のいくつかの要素を削除することを通知した。

当時、クリスチャン・ホーナーは、ピットストップでチームが達成してきたタイムを“希薄化”する動きだと非難したが、FIAはF1ベルギーGPから取り締まりを実施した。

先週の日曜日のF1イタリアGPでは、通常はピットストップで最速のチームであるレッドブルが右前輪の問題のため、通常の2秒未満で済むマックス・フェルスタッペンのタイヤ交換に11秒間かかり、フェルスタッペンは衝突の直前にタイトルライバルのルイス・ハミルトンに先行を許すこととなった。

レース後、クリスチャン・ホーナーは、スローピットストップは調査が必要な“典型的ではない問題”であると語っていたが、FIAの技術的指令に起因するミスだったことを明らかにした。

「新しい技術指令の結果として、ピットストップで稀なヒューマンエラーが発生したが、それでも学ぶ必要がある」とクリスチャン・ホーナーは、レッドブルのウェブサイトのコラムで語った。

「そのスローストップにより、マックスはコース上のいるべきだった場所と同期しなくなった。メルセデスはハミルトンのマシンにストップで躓いたことで、その状況を悪化させた。つまり、両方のドライバーが接戦となった」

「どちらのドライバーも、オーバーテイクが難しいため、先行する必要があることを知っていた。マックスは勢いを奪うことに熱心で、ルイスはトラックポジションを維持することに熱心だった」

ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンは、ハミルトンがピットを出た後の最初のシケインで衝突し、クラッシュは両方のレースを終了させた。

両方のドライバーはこのインシデントでお互いを非難したが、スチュワードはマックス・フェルスタッペンに主な責任があると判断し、次戦F1ロシアGPに3グリッド降格ペナルティを科した。

クラッシュに対するクリスチャン・ホーナーの即時の反応は、両方のドライバーがお互いにより多くのスペースを与えることができたというものだった。今でも、FIAは両方のドライバーにペナルティを科すことによってより強い声明を出すことができたとという意見に変わりはない。

「私は今日でも同じ信念を共有している。どちらもその役割を果たしており、一方の側にもう一方の側よりも責任を割り当てることは困難だ」とクリスチャン・ホーナーは述べた。

「FIAが声明を出したいのなら、両方のドライバーに同じペナルティを科すことができたはずだが、過失はマックスの側にあると見なされ、彼はレースを終えなかったので、唯一の選択肢は彼にグリッドペナルティを与えることだった。我々はこれは受け入れている」

クリスチャン・ホーナーは、F1ロシアGPでペナルティを受けることは、最初のブレーキングポイントまで長いサーキットのおかげでフェルスタッペンにとって「それほどハンディキャップではない」と付け加えたが、メルセデスは再び強いだろうと考えている。

「私はロシアGPの結果を調べたが、2018年にマックスはピットストップをする必要が出る前に最後尾からトップまで順位を上げていた」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「昨年は2位だったが、これまで我々が優勝したことのないサーキットだ。メルセデスの牙城となっている」

「私としては、モンツァとソチはメルセデスサーキットとして精神的にマークダウンしているし、挑戦になるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1イタリアGP