レッドブルF1とFIA、セルジオ・ペレスのペナルティを巡って意見の相違
レッドブルF1のクリスチャン・ホーナーはそうではないと主張しているが、F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、F1イタリアGPでセルジオ・ペレスがシャルル・ルクレールにポジションを返すよう“提案”したと主張している。

セルジオ・ペレスは、シャルル・ルクレールへのオーバーテイクをコース側で不法に完了したとして5秒ペナルティを科され、F1イタリアGPで表彰台を獲得できなかった。

クリスチャン・ホーナーは、レッドブルF1がセルジオ・ペレスにポジションを返すように指示する前に、ペナルティが発生する可能性があるかどうかについてレースコントロールからの連絡を待っていたと語った。そして、そのようなメッセージが届かなかったことで、状況を独自の方法で進化させることに決めたと語っていた。

「チェコでは、彼は絶望的に運が悪かった。レースオフィスからポジションを返すように指示されなかったので、それは非常に限界だと感じた」とクリスチャン・ホーナーは記者団に語った。

「レースにどんどん進めていくかどうかを決定しなければならなかったので、我々は仕事に戻ったが、そのあとチェコにペナルティが科せられました。」

しかし、マイケル・マシは連絡はしていたと述べた。そして、マイケル・マシは“提案”したという言葉を使い、クリスチャン・ホーナーが“指示”という言葉を使用したことで、意味論の問題に帰着するかもしれない。

クリスチャン・ホーナーのレッドブルF1としてはメッセージを受け取っていないとの発言についてマイケル・マリは「いいや、それは正しくない。彼らはレースコントロールを求めなかった」と語った。

「私は、彼らがポジションを返すことを検討した方がいいかもしれないと提案した。そして、彼らは彼ら自身がそれを調べていると語った」

また、マイケル・マシは、たとえばDRSをアクティブしてアドバンテージを生み出す可能性のあるトラックの一部ではポジションを返すなどのグレーゾーンについてコメントした。

「我々は永続的なアドバンテージを得ることについて特定のことを見ているし、全体論的な方法でそれを見ている」とマイケル・マシは語った。

「それで、それがどこで譲られたか、どのように譲られたかなどだ。それはすべて永続的な利点が何であるかを検討することになる」

「DRS検出ゾーンの直前で退いて停止し、誰かを追い抜いてすぐに追いかけた場合、それはおそらく、前の3~4つのコーナーで譲ることとは非常に異なって見える」

「そいくつかは戦略的にそれらを選択しますが、実際にそれが順番的にどれだけ早く行われたかも見なければならない」

ペナルティの結果、3位でフィニッシュしたセルジオ・ペレスは、バルテリ・ボッタスとシャルル・レクレールに次ぐ5位に降格。その結果、レッドブル・ホンダは、コンストラクターズ選手権でのメルセデスとの差が18ポイントの差に拡大した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1イタリアGP / FIA / セルジオ・ペレス