レッドブルF1首脳 「ルイス・ハミルトンの無線はちょっと芝居がかりすぎ」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1オランダGPでのメルセデスのフェアな戦いぶりを称賛しつつも、ルイス・ハミルトンの無線は“わざとらしい”と指摘する。

マックス・フェルスタッペンは、ホームレースとなったF1オランダGPでポールポジションを獲得。ルイス・ハミルtノンは、わずか0.038秒差の2番手につけ、激しい決勝を予感させた。

しかし、結局のところ、マックス・フェルスタッペンの圧勝だった。ルイス・ハミルトンは時々ギャップを縮めることがあったが、フェルスタッペンは重要なところで3秒の差を築き、オーバーテイクできる範囲には寄せ付けなかった。

最終的にルイス・ハミルトンはファステストラップを狙って終盤にピットストップを行い、マックス・フェルスタッペンは21秒差で勝利を収めた。

マックス・フェルスタッペンにとっては集中的で、無駄のない走りだったが、ルイス・ハミルトンは無線で何度もタイヤについて不満を述べ、メルセデスが2回目のトップストップで採用したタイヤ戦略でその不満は増大した。

ヘルムート・マルコは、ルイス・ハミルトンが無線でちょっとやり過ぎるとかんじているが、全体的にレッドブル・ホンダとしてF1オランダGPでのメルセデスとの戦いに満足していると語る。

「信じられないくらいタフでフェアなレースだった。最初のラップから最後のラップまで激しい戦いがあった」とヘルムート・マルコは Sport1 に語った。

「オランダ人だけでなく、メルセデスとルイスハミルトンも褒めなければならない。彼らがどのように振る舞ったかにね。それがレースの進め方だ」

「ハミルトンは少し芝居がかる傾向がある。だが、メルセデスのタイヤも注意深く見守っていたし、最後に(バルテリ)ボッタスでクリティカルになることが分かった。全体として、それは正しかった」

「2回目のストップの後、ハードタイヤを問題なく走り切れると思いました。ハミルトンはそこから強く攻撃した。そして、マックスはそれを受け流した。それから、とにかくレースを完走す走りをするだけの問題だった」

マックス・フェルスタッペンは勝利を収め、ドライバーズチャンピオンシップのリードを取り戻し、ルイス・ハミルトンを3ポイント上回った。

メルセデスはコンストラクターズでレッドブルをさらに引き離すことができたが、そのアドバンテージは現在12ポイント差となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ルイス・ハミルトン